「巨乳症」の悲劇…120cmJカップバストが重すぎる25歳ママの辛い日常

イングランドの都市ボルトンに暮らすフィオナ・ホーンビーさん25歳は、昨年11月に生まれたばかりの幼い息子を育てる母親。

しかし、フィオナさんは可愛い息子を抱きしめることも、授乳することも出来ない。

理由はフィオナさんの大きすぎる胸。

乳房巨大症ママの辛い日常

Photo|dailymail

バストサイズ48インチ(121cm)のJカップの巨大な胸で幼い息子を抱くと、窒息させてしまう恐れがあるからだ。

「この大きすぎる胸が私の人生を台無しにしました。何をするにも胸が邪魔するんです…」

 

巨乳症の辛い日常

乳房巨大症ママの辛い日常

Photo|dailymail

ちょうど思春期を迎える頃、気付けばCカップに成長していたフィオナさんは、学校で周りの生徒から好奇の目で胸を見られるようになる。

やがて、耐え難いほどの痛みとともにどんどん成長し、胸の周辺にはシミや発疹が目立つようになった。

「以前、お風呂に入ろうとしたら、恐ろしいほど胸が痛んだんです。見ると、私の胸は紫色に変色していました。冗談で女友達から胸を交換してほしいなんて言われますが、笑えないほど辛いんです」

2015年、医師の診察を受けたフィオナさんは異常なほど乳房が大きく成長してしまう「巨乳症」と診断された。

25歳となった今でも、彼女の胸は成長を続けていて、胸の重さは日常生活を著しく制限する。

「胸が重くて、仰向けに寝ることも出来ません。以前は販売員の仕事をしていましたが、今は立ち続けるのが辛いため、デスクワークをしています。それでも背中はいつも痛いし、食器を洗うのだって、途中で休憩を挟まないとだめなんです」

あまりにも巨大な胸のせいで日常生活でも苦痛が耐えないフィオナさんは、乳房の縮小手術を計画している。

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-大人のニュース
-

© 2020 BQ NEWS