「嫌がらせトイレ」で逆働き方改革!傾く便座でサボり社員を撲滅

「ウォシュレット」「便座ヒーター」「音姫」など、人類(特に日本人)はトイレを快適に使用するために知恵を絞り技術革新に心血を注いできました。

しかし、そんなトイレの歴史と逆行するアイデアを発表したのはイギリス人エンジニアのマハビール・ギル氏。

嫌がらせトイレで働き方改革

「トイレの中で居眠りしてる人を目撃したり、公衆トイレの行列にイライラした経験をもとにデザインしました」

マハビールさんが考案した通称「スタンダードトイレ」は、見た感じ一般的な洋式トイレとほとんど変わらない。

ですが、使う人に優しくないネガティブなアイデアが盛り込まれているのです!!!!

嫌がらせトイレで逆働き方改革!!!

マハビール氏考案「スタンダードトイレ」の最も注目すべきポイントは「便座の角度」です。

嫌がらせトイレで働き方改革

便座がお尻から太ももにかけて13度の角度で傾斜しているので、わざと座りにくいデザインになっているのです!!!!

当然、この傾斜のついた便座では足に負担がかかるので長時間座っているのが辛い…

そのため、トイレの個室に籠もってスマホゲームやネットニュースで時間を潰すのが難しくなってしまうのです。

「一般的な便座は水平なので、ユーザーは快適に長時間座ることが出来ます。しかし、これは望ましいことではありません」

マハビール氏は、現在のトイレが快適過ぎるあまり、意味もなく長時間トイレに籠もって仕事をサボる労働者が多いので、企業は多大な損失を被っているのだと主張しています。

「イギリス国内だけでも、労働者の休憩にかかるコストは年間で40億ポンドと推定されます。従業員の労働時間を最大限に引き出したい企業には大きな財産となるでしょう」

確かに、労働者のケツを引っ叩いて働かせたい経営者には嬉しいトイレかもしれませんが、これでは「逆働き方改革」なので、世間の反応はあまり宜しくありません…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-最新トレンド情報
-

© 2020 海外B級ニュース