【異食症】腹痛の原因は大量のスプーンやフォーク!衝撃的レントゲン写真に驚愕

現在アニメが放送されている「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」に、「メタリカ」と呼ばれるスタンドが登場したのをご存知だろうか?

暗殺チームのリーダーだったリゾット・ネエロのスタンド「メタリカ」は、相手の血液に含まれる鉄分を利用して体内に刃物を出現させ、内部から攻撃する能力。

もちろん、そんな能力は現実に存在しない。

しかし、つい最近撮影されたインド人患者のレントゲン写真は、まるでメタリカのスタンド攻撃を食らったかのような普通では考えられないような状態だった…

体内に大量のナイフやスプーン…

インドのマンディ地区にある大学病院に、激しい腹痛を訴える男性患者が運び込まれた。

患者のレントゲンを撮影した医師は驚愕…

異食症患者の体内からナイフ

Photo|TheSun

なんと、男性の腸の中にはナイフやスプーンが大量に詰まっていたのだ。

考えられる理由は一つ。

「異食症」の男性患者が、全て口から飲み込んだのだ。

異食症の男性患者を緊急手術

「異食症」とは、食べても全く意味がない、栄養価のないものを無性に食べたくなってしまい、欲求を抑えられなくなる症状。

例えば「氷」「土」「髪の毛」などが異食症の症状として知られているが、中には「石」「金属」「ガラス」など、人体に悪影響のあるものを食べてしまう人もいる。

原因は体内の鉄分などの栄養素が欠乏することで引き起こされることもあるが、極度の精神的ストレスで原因となるケースもある。

ナイフやスプーンを大量に飲み込んでいたインドの異食症患者は、すぐに手術で腸内の異物を取り除くことになった。

異食症患者の体内からナイフ

Photo|TheSun

結局、男性患者の体内からはスチール製のスプーンが7個、歯ブラシ2本、ドライバー2本、ナイフ1本、金属製の棒1本が摘出された。

一体、ナイフやドライバーを、どのように飲み込んだのか?

なぜ普通に生活できていたのか?

治療にあたった医師たちも首を傾げるほど。

現在、男性患者は集中治療室にいるため、彼の異食症の原因が何だったのか詳しい事情はわかっていない。

もし、あなたが手に持っているスプーンやナイフを食べたい欲求に駆られた時は、早めに医師に相談したほうが…

[amazonjs asin="4800210992" locale="JP" tmpl="Small" title="世界の奇病大全"]

こんな奇病に関するニュースも…

関連記事:体臭の奇病「魚臭症」の女性が日々の苦悩を告白…

関連記事:世にも奇妙な恐怖症で苦しむ人達まとめ

Source

© 2021 BQ NEWS