愛犬の体調が急変!原因は公園で飲み込んだ6錠のヘロインカプセル

オーストラリアのアデレードに住むデニス・パースローさんは、溺愛する生後16ヶ月の子犬シェルビーちゃんを公園で散歩させていた。

シェルビーちゃんはキング・チャールズ・スパニエルと言うイギリス原産で王室にも愛された由緒正しき犬種。

散歩中の子犬がヘロイン飲み込んで瀕死

Photo|dailymail

好奇心旺盛な性格で、週末恒例の公園散歩を楽しんでいたのだが…

可愛い子犬の体調急変で虚ろな目…

普段と変わりない公園散歩の途中、後になって思い返すと、デニスさんはシェルビーちゃんが何かを口の中に含んだ、ような気がした。

その時は特に気にしなかったが、しばらくしてシェルビーちゃんの容態が急変する。

さっきまで元気の良かったのに、目に見えて体調がおかしくなり、ついに嘔吐してしまった。

デニスさんは動物病院に急行して、獣医の診察を受けた。

抗生物質を投与して、吐き気を収める注射を打ってもらったが、数日経っても症状は改善しないためレントゲンを撮影。

散歩中の子犬がヘロイン飲み込んで瀕死

Photo|dailymail

すると、シェルビーちゃんの胃の部分に不審なものが写り込んでいた。

子犬の体内からヘロイン摘出

散歩中の子犬がヘロイン飲み込んで瀕死

Photo|dailymail

すぐにシェルビーちゃんの開腹手術が行われると、胃の中からビニールの小袋に入った6個の薬のカプセルを摘出

なんと、そのカプセルの中身はヘロインだった。

ヘロインは摂取した時の快楽がドラッグの中でも「最強」と言われるほどで、過剰摂取による死亡事故が後を絶たない。

幸いなことに、シェルビーちゃんが飲み込んだヘロインのカプセルは、ビニールの袋に入っていたことも有って大事には至らなかった。

飼い主のデニスさんはホッと一安心…

したのだが、動物病院から4000豪ドル(約30万円)請求されてしまってガックシ…

ジャンキーのみんな!!公園にドラッグをポイ捨てすんのやめてよね!!!!!!

薬物関連のB級ニュース!!!!!!

関連記事:伝説の麻薬王の隠れ家を五つ星ホテルにリノベーション!!!!

関連記事:25年のコカイン依存生活で鼻がグチャグチャになった男の懺悔

Source

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS