死んだ目のロボットアナウンサー誕生!好感度の低さにロシア国民が困惑

人工知能の発達によって、人間の仕事はロボットに奪われていくと言われています。

それは人気の職業「アナウンサー」だって例外ではないのです!!!

つい先日、ロシアではニュース番組でロボットアナウンサー1号がデビューして話題となっています。

死んだ目をしたロボットアナウンサー

死んだ目をしたロボットアナウンサーがロシアで誕生

Photo|YouTube

画面に映るのは白と青のブルゾンを着たオジサン…

こちらはロシアのニュースチャンネル「Rossiya24」で実際に放送された時の模様なんですが、画面に映っているオジサンこそ、ロボットアナウンサーとしてデビューした「アレックス」なんです。

こちらのアレックスはロシアの工業都市ペルミを拠点にするプロモボット社が2017年から開発。

ソフトウェアや使用している部品など、全てロシア国内で開発した純国産が売りで、製造コストは意外と安くて、1体造るのに100万ルーブル(約175万円)ほど。

ちなみに、アレックスのビジュアルは、このプロモボット社のCEOアレクセイ・ユザコフ氏をモデルにしてるんですって。

死んだ目をしたロボットアナウンサーがロシアで誕生

Photo|BBC

へ〜

ロボットアナウンサーは高感度低すぎ!!

まあ、実際にアレックスがアナウンサーとして活躍する様子をご覧ください。

お気づきかと思いますが、現在のところ、アレックスが動かすことの出来る部分は顔の表情と首だけ。

喋りは、とても流暢だと思うんですが、やはり気になるのはアレックスの「死んだ目」…

あの表情で口をモゴモゴさせながらニュースを読まれると、胸のあたりがザワザワしてきませんか?

死んだ目をしたロボットアナウンサーがロシアで誕生

Photo|YouTube

実際にニュースを見た視聴者からは…

「口に酒が入ってる時に見たら吹き出しちゃうぜ!!!」

「アレックスの中にはフェイクニュース製造機も搭載されてるんだぜ!!!」

「どうせ政府のステマだろ?」

アナウンサーにとって必要な高感度は、まだまだ足りなかったんでしょうか。

こんな感じなんで、アナウンサーの仕事を完全にロボットが奪い去るには、まだ時間がかかりそうですね!!!

こんなロボット関連ニュースも!?

関連記事:中国のインディース発明家が「移動用の蟹ロボ」開発成功!!

関連記事:手塚治虫の予言的中!!ロボットの自殺が現実に…

Source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-笑える面白ニュース
-

© 2020 海外B級ニュース