「チェルノブイリ産ウォッカ」を科学者が商品化!原発事故後の経済発展を支援

1986年4月26日

ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所で原子炉が暴走した結果、世界最悪の原子力事故が発生。

チェルノブイリ事故

放射性物質が拡散した結果、4000人以上が死亡して、周辺に住んでいた数10万人もの住民たちは移住を余儀なくされた。

悪夢の大惨事から33年…

チェルノブイリ周辺の立ち入り禁止区域を研究している科学者チームは、この地域で実験的に栽培されている穀物と水を原料とするウォッカ「アトミック」を製造し一般に向けて販売していくことを決めた。

科学者が「チェルノブイリ産ウォッカ」を商品化

チェルノブイリ産ウォッカ

イギリスのポーツマス大学ジム・スミス教授のチームは、1986年の事故以降、チェルノブイリ周辺の土地が、どのように回復していくかを研究している。

「既に人が住むことを許可された地域もありますが、ほとんど農業は再開されていません。事故から33年が経過して、ようやく安全な作物を栽培できるようになってきました」

ジム・スミス教授のチームは、チェルノブイリで育った穀物を使用して、周辺諸国で需要の高いウォッカの製造を開始。

穀物を分析すると、微量の放射能元素が含まれていたため、蒸留する際に徹底的に不純物が除去された。

「このウォッカが他の製品より放射能が高いわけではありません。最先端の放射分析研究所で検査してもらいましたが、アトミックウォッカからは問題が発見されませんでした」

チェルノブイリの経済発展を支援

チェルノブイリ産ウォッカ

このように誕生したアトミックウォッカは、1986年の大惨事以降、立入禁止区域で生産された最初の消費者向け製品。

2019年末までに500本を製造し、チェルノブイリを観光で訪れる人達に販売していく予定だとか。

「チェルノブイリの経済発展を支援するためにも、安全で品質の高い商品の開発を目指しています」

アトミックウォッカを商業的に販売することで、利益の大部分を事故の犠牲者やコミュニティを支援するため寄付される予定で、地元当局もアトミックウォッカの商品化を歓迎している。

こんなお酒に関する仰天ニュースも!?

魔女が呪いをかけた酒新発売
酒都市伝説「魔女が呪いをかけた酒」新発売!生産地は最恐の心霊村

ハロウィンや13日の金曜日のような、年に何回かある「不吉な日」に普通のお酒を飲むのも味気ないですよね? せっかくなら悪霊 ...

続きを見る

テキーラで骨が丈夫に
パリピ喜べ!「テキーラ飲めば骨が丈夫になる」説をメキシコの科学者が大発見

クラブで手っ取り早くテンション上げたいならテキーラですよね。 アルコール度数が高めなので、お酒の弱い人には縁の薄いテキー ...

続きを見る

象のウンコ酒が大人気の秘密
ゾウのウンコ酒が大人気!!!アフリカの大自然の風味が鼻から突き抜ける

今、南アフリカの免税店で観光客に大人気のお酒「インドロブ」は、ズールー語で「象」を意味しています。 命名の由来は、このジ ...

続きを見る

Source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2022 海外B級ニュース