意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

世界仰天ニュース

原発事故から33年…科学者が「チェルノブイリ産ウォッカ」を商品化した理由とは?

投稿日:

1986年4月26日

ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力発電所で原子炉が暴走した結果、世界最悪の原子力事故が発生。

チェルノブイリ事故

放射性物質が拡散した結果、4000人以上が死亡して、周辺に住んでいた数10万人もの住民たちは移住を余儀なくされた。

悪夢の大惨事から33年…

チェルノブイリ周辺の立ち入り禁止区域を研究している科学者チームは、この地域で実験的に栽培されている穀物と水を原料とするウォッカ「アトミック」を製造し一般に向けて販売していくことを決めた。

科学者が「チェルノブイリ産ウォッカ」を商品化

チェルノブイリ産ウォッカ

イギリスのポーツマス大学ジム・スミス教授のチームは、1986年の事故以降、チェルノブイリ周辺の土地が、どのように回復していくかを研究している。

「既に人が住むことを許可された地域もありますが、ほとんど農業は再開されていません。事故から33年が経過して、ようやく安全な作物を栽培できるようになってきました」

ジム・スミス教授のチームは、チェルノブイリで育った穀物を使用して、周辺諸国で需要の高いウォッカの製造を開始。

穀物を分析すると、微量の放射能元素が含まれていたため、蒸留する際に徹底的に不純物が除去された。

「このウォッカが他の製品より放射能が高いわけではありません。最先端の放射分析研究所で検査してもらいましたが、アトミックウォッカからは問題が発見されませんでした」

チェルノブイリの経済発展を支援

チェルノブイリ産ウォッカ

このように誕生したアトミックウォッカは、1986年の大惨事以降、立入禁止区域で生産された最初の消費者向け製品。

2019年末までに500本を製造し、チェルノブイリを観光で訪れる人達に販売していく予定だとか。

「チェルノブイリの経済発展を支援するためにも、安全で品質の高い商品の開発を目指しています」

アトミックウォッカを商業的に販売することで、利益の大部分を事故の犠牲者やコミュニティを支援するため寄付される予定で、地元当局もアトミックウォッカの商品化を歓迎している。

こんな驚きの研究も!?

関連記事:テキーラ飲むほど骨が強くなる!?メキシコの科学者が太鼓判

関連記事:「Instagramうつ病診断」は正解率70%!ダークな画像の連投に要注意

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-世界仰天ニュース
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.