新型コロナワクチン製造でサメが絶滅の危機!50万匹が犠牲になる可能性

現在、各国の製薬会社が、こぞって新型コロナウイルスのワクチン開発を進めている。

このワクチン開発の影響で「膨大な数のサメが乱獲される可能性がある」と、環境保護活動家たちが危機感をつのらせている。

と言うのも、サメの肝臓から抽出される「スクアレン」と呼ばれる成分が、新型コロナウイルスのワクチンに多用される可能性があるからだ。

新型コロナワクチン製造でサメが絶滅の危機

新型コロナワクチン製造で鮫50万匹が殺される!?

新型コロナワクチン製造でサメが絶滅の危機

サメの肝臓から抽出される「スクアレン」という成分は、抗酸化、抗がん、抗菌作用があり、すでに健康補助食品やスキンケア商品などにも多用されている。

また、免疫反応を向上させる作用があるため、インフルエンザワクチンにも使用されている。

このスクアレンが、新型コロナウイルスのワクチンに含まれた場合、世界の人口分のワクチン製造には25万匹分のサメの肝臓が必要になり、人類が2回ずつワクチンを使用するなら、倍の50万匹のサメが乱獲される可能性もあるのだ…

この、サメにとって危機的な状況に海外の動物保護団体が活動を開始した。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS