ボーイングの飛行機と恋に落ちた女性が結婚宣言!新婚生活は格納庫!?

ボーイングの飛行機と恋に落ちた女性が結婚宣言!新婚生活は格納庫!?

ドイツのベルリンに住むミケーレ・コブケさん29歳が運命の彼と出会ったのは今から5年前。

地元のテーゲル空港で目撃した彼に一目ボレしてしまったそうです。

その愛しの彼がコチラ…

ボーイングの飛行機に恋した女性が結婚宣言
Photo|mirror.co.uk

なんと、ミケーレさんが恋をしたのはボーイング社の737ジェット旅客機だったのです!!!!!!!!!

 

初恋相手はジェット旅客機

「愛車」と言うほどなので、大の車好きが自分の車に愛しさを感じてしまうのは、それほど珍しくないことでしょう。

ですが、ミケーレさんがボーイング737に抱いているのは、疑似恋愛ではなくガチンコの恋愛感情。

「2013年11月に旅行した時、私はボーイング737のステキな翼に恋をしました。その後、飛行機の写真や動画を見るたびに胸がドキドキ。私は彼に合うためだけに飛行機に乗るようになりました」

ミケーレさんはボーイング737を「シャッツ」と名付け、男女の交際を開始したそうです。

「人間の男性と最後に付き合ったのは2011年ですが、本当に彼の事を愛していたわけではありません。私にとっての初恋がシャッツで、皆さんが想像しうる最高の恋愛関係なんです」

ただ、どれだけ旅客機のシャッツを愛していても、一緒にいられるのは飛行機に乗っているときだけ。それでは寂しすぎるので、ミケーレさんは全長1.6mあるボーイング737のレプリカを購入。

自宅での同棲生活をスタートさせ、毎晩ベッドを共にしているそうです。

 

物に恋するオブジェクトフィリア

ボーイングの飛行機に恋した女性が結婚宣言
Photo|mirror.co.uk

ミケーレさんのように、人間ではなく無機物に対して恋愛感情を抱くセクシャリティは「オブジェクトフィリア」とも呼ばれ、無機物が魂や知性、感情を持ち、コミュニケーションをとることも可能だと考えます。

出会いから5年かけて、じっくり愛を育んできたミケーレさんは、人間と飛行機の垣根を文字通り飛び越えて、近々、結婚を考えていると言う。

「セラピーを受けるべきだと言う悲観的なアドバイスも貰いますが、この愛は本物なんです。私はシャッツと結婚して、格納庫で結婚生活を送りたいと考えています。特別なタイプの恋愛ですが、誰かに害を与えるわけでないですからね」

婚活に行き詰まっている方々も、人間以外の選択肢に目を向けてみては、いかがでしょうか?

関連記事:車とホンキで恋に落ちた男性はメカノフィリア

関連記事:羽毛布団に恋した女性がパジャマ結婚式を開催

Source

笑える面白ニュースカテゴリの最新記事