「自撮り中の死因ランキング」発表!死亡者250人超えで右肩上がり

「フォロワーが驚くような自撮りしたい!!!!」

そんな自撮りに並々ならぬ情熱を燃やしている人は注意が必要です。

なんと、自撮りにこだわるあまり、撮影中に命を落としてしまう死亡事故が世界中で増加しているそうなんです…

自撮りでの死亡事故が急増中

自撮り中の死因ランキング発表

「自撮り自体に問題はないが、自撮りに伴う人間の行動は、危険な場合も多い。自撮りしてはいけない場所、危険な行動について、教育を受けさせる必要があります」

危険な自撮りに警笛を鳴らすのは、インドの医学研究所に務めるアガム・バンサル博士。

アガム博士の研究グループは、近年になって世界中で報道されるようになった「自撮り中の死亡事故」を徹底調査。

その結果、2011年から2017年の間に、実に259人もの人たちが自撮りをしながら命を落としてしまったそうです。

研究者グループは、自撮り死亡事件被害者の性別、年齢、死因などを分析。

「死因ランキング」では、1位 溺死70件、2位 交通事故51件、3位 高所からの落下48件。

「死亡事故の件数が多い国ランキング」では、1位 インド、2位ロシア、3位アメリカ、4位パキスタン。

そして、死者のほぼ半数は20〜29歳で、10〜19歳が36%で、被害者の4分の3は男性。

コチラの動画に出てくるような自撮りは非常に危険なので、真似するのはヤメておいた方が身のため…

あまりにも自撮り中の死亡事故が増えているため、法律で自撮り撮影を禁止する動きも…

次のページへ >

© 2021 BQ NEWS