怖い海外ニュース速報

ガチ痛いニュース|体内に100本以上の針が刺さった男に医者も困惑

インドのラージャスターン州に位置する都市コタに住む56歳のバドリラル・ミーナさんは、病院を訪れ「糖尿病で足が痛い」と訴えた。ミーナさんを診察した医師は驚愕した。彼は身体のいたる所に75本もの針が深く突き刺さっていたからだ。どのように刺さっていたかは、ミーナさんのレントゲン写真を見ていただくのが、てっとり早い。
人気のインスタグラム海外アカウント

引きこもり女性をGoogle絶賛!ストリートビュー世界旅行で絶景撮影

「素晴らしい!これぞテクノロジーの美しい使い方だ」これは、皆さんご存知のGoogleが、ある女性のインスタグラムに贈った賞賛の言葉。実は、その女性こそ、インスタグラムで3万人以上のフォロワーから支持されている「引きこもりの冒険家」なんです。ロンドンに住む43歳、ジャッキー・ケニーさんのインスタグラムには、世界中の国や地
海外B級ニュース速報

フェイクニュースで大炎上!海外のアニメ好きが整形手術で誹謗中傷殺到

フェイクニュースの被害を受けるのは政治家や俳優、タレントなどの有名人ばかりではありません。マレーシアでは、21歳の青年がフェイクニュースの影響で大炎上し、精神的に追い詰められてしまっているようです。こちらの青年はマレーシアに住む21歳のアミラル・リズワン・ムサさん。透き通るような白い肌と整った顔立ちのイケメンですが…
人気のインスタグラム海外アカウント

「マリオ」「キティ」の世界が滅亡!?ポップカルチャーのディストピア

クールジャパンに代表される日本生まれのマンガ、アニメ、ゲームは世界へ広がり、多くのクリエイターに影響を与えています。チェコ共和国プラハ在住のアーティスト、フィリップ・ホダスさんも、日本のポップカルチャーに強い影響を受けた一人。フィリップさんの作品には、日本生まれのキャラクターも登場するのですが、その表現方法が独特なんで
怖い海外ニュース速報

動画再生数1000万回!!驚愕の生態を持つホラーなグロ生物とは?

つい先日、東南アジアのマレーシアでは、あるファミリーがパニック映画に出てくる地球外生命体のような謎の生物と遭遇し、大きな話題となりました…自然を楽しみながら山間を歩いていると、ダニシュさんは足元でウネウネと動くものを発見したそうです。おそらくヘビだろうと思い、またいで通り過ぎようとしたのですが…よく見れば、それはヘビで
怖い海外ニュース速報

グロい!キモい!エロい!三拍子そろった謎の生命体の動画に恐怖!!

カリフォルニア州サン・マテオ海沿いの岩場で、何ともミステリアスな生命体が捕獲されました。その生物を偶然発見したアーロン・サンチェスさんがインスタグラムに「グロい」「キモい」「なんかエロい」と三拍子そろった謎の生命体の動画をアップ。すでに17,000回以上再生され、大きな話題となっています。
都市伝説ニュース速報

【仰天実話】インドのバイク寺に伝わる世にも奇妙な物語とは…

普通、お寺といえばご本尊に仏様が祀られているものですが、インドのラジャスタン州の国道沿いに位置するお寺は、訪れた人たちが350ccのバイクを拝んでいくのです。こちらの「バレット・ババの寺」は、世にも珍しいバイクの仏を拝むお寺なんです。なぜ、このような寺が出来たのか?そこには、まるで「世にも奇妙な物語」のような逸話が
世界仰天恋愛ニュース

妻71歳!夫16歳!年の差55歳カップルが恋愛結婚で盛大に祝福

インドネシアでは16歳の少年と71歳の老女が夫婦となり、大きな話題となっています!!!新郎セラマット・リアヤディはまだ16歳、そして新婦ロハヤはもう71歳!!!なんと、年の差55歳という世代を超えまくった仰天夫婦が誕生したんですよ。半世紀以上も年の違う男女の結婚には、当然、周囲からの反対もあったそうです。しかし
海外B級ニュース速報

人気YouTuber炎上!世界一の激辛唐辛子食べてみた動画で悶絶

アメリカ人のマイケル・キットレル氏は、チャンネル登録者数30万人オーバーの人気ユーチューバー。過激な発言や企画で支持されているマイケル氏が世界一辛い唐辛子「キャロライナ・リーパー食べてみた動画」にチャレンジ。別名「キャロライナの死神」と呼ばれる唐辛子の辛さはギネス世界記録のお墨付き。さすがのマイケル氏もナーバスだったよ
人気のインスタグラム海外アカウント

このインスタがスゴイ!自撮り嫌いの美女が世界中で死んだふり!

旅先での記念写真ではカメラに向けて笑顔を作りがちですが、ロンドン在住のステファニー・リー・ローズさんはカメラを見ません。それどころか、世界中の有名な観光地を巡って公衆の面前でうつ伏せになり、死体のふりして記念写真を撮影しているエキセントリックなお方。この死んだふり写真は「ステフは死んだ」プロジェクトとして最近のライフワ
スポンサーリンク