養蜂家の「ミツバチEDM」が世界を救う!謎のミツバチ大量失踪とテクノ

始まりは蜂群崩壊症候群

Bioni sampは、イングランドのウェスト・ヨークシャー出身で、幼い頃からミツバチに興味を抱き、職業として養蜂家の道を選んだ。

そんな彼が音楽を作り始める、きっかけとなったのは2006年頃から世界中で大きな問題となった「蜂群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん)」だった。

「ある日突然、大量のミツバチが姿を消してしまう…」

そんなニュースを聞いたことのある人も多いはず。

これこそが蜂群崩壊症候群と呼ばれる現象で、アメリカ、ヨーロッパ、インド、ブラジル、そして日本でも発生したことがを確認されているが、その原因は今でも明らかになっていない。

現在でも毎年、何十億匹ものミツバチが消失しているため、生態系にも悪影響が出ているとか。

養蜂家のBioni sampは、世間に蜂群崩壊症候群へ興味を持ってもらうため、ミツバチを利用した音楽の制作を始めた。

「もし私が環境保護団体のバッジを付けて森林破壊について叫び始めたら、周りの人はウンザリして話を聞いてはくれないでしょう。
だから私は、テクノ音楽やコンピュターに関心を持つ人達へ向けて、音楽で生物学的メッセージを伝えるアイデアを思いついたんです」

ミツバチを使った楽曲制作を思いついたBioni sampは、ミツバチの出す音や周波数を分析し、レコーディングを開始。

ミツバチの出す周波数によって音の変わる特殊なシンセサイザーなども自作し、一風変わったダンスミュージックをネット上で発表するようになった。

ミツバチ音楽と環境問題

Bioni sampの存在はヨーロッパ各国にも広まり、環境系のイベントやアートギャラリーなどに招かれライブパフォーマンスを行うようになった。

ミツバチと音楽で、蜂群崩壊症候群や環境問題に人々の関心を向ける彼の目論見は見事に当たったのだ。

ただ、その活動を快く思わない人達もいる。

Bioni sampの活動を取材したドキュメンタリー作品が製作されたが、ある映画祭では作品の出品が拒否されてしまった。

「映画祭の後援には農薬会社がいたんです。農薬否定派の私の考えが世間に広がることを望まないのでしょう。これは検閲みたいなものです。何年も前に養蜂を始めた時は、これが政治や社会問題と結びつくとは思いもよりませんでした」

Bioni sampは今後も新曲のリリースやライブ活動を行っていくそうなので、誰か日本にも呼んでくれないかしら?

source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-世界の仰天ニュース
-

© 2020 BQ NEWS