海外ノンフィクション

伝説の彫り師は103歳の老婆!!部族の伝統を入れ墨で現代に伝える

コチラの首周りや腕にガッツリ入れ墨を彫り込んだ女性は、フィリピン北部のカリンガ州に住むファン・オッド・オッゲイさん。

世界最高齢「伝説の彫り師」は103歳の老婆

なんと御年103歳で現役の彫り師、Tattooアーティストなんです。

伝説の彫り師に国内外から依頼殺到

103歳のファンさんは、80年以上前から彫り師として活動しているそうで、おそらく世界中の数多いるTattooアーティストの中でも最高齢。カリンガ州の伝統的な入れ墨を現代に伝える生き字引です。

伝説の彫り師は103歳の老婆

そんなファンさんの伝統的な入れ墨には、電動のタトゥーマシンなんかは使いません。竹の棒にザクロの木のトゲトゲを付けて、水で溶いた石炭を、肌に彫り込んでいくのです。

伝説の彫り師は103歳の老婆

入れ墨のモリーフは、昔の部族が彫っていたトライバルな図柄や動物などで、それぞれに「強さ」「繁殖力」といった意味があり、かつては、戦闘において敵を倒した男の戦士だけが、肌に彫ることを許されていたそうです。

現代的なTattooとは趣が異なる、ファンさんのトラディショナルな入れ墨を彫ってもらうため、国内外から依頼者がやってきます。

しかし、ファンさんが住んでいるのは辺境の山岳地帯。首都マニラから車で片道15時間かかるため、生半可な覚悟では面会することも出来ません。

このように、海外からも注目を集めるファンさんの伝統的な入れ墨なんですが、後継者の問題も…

伝説の彫り師は103歳の老婆

入れ墨の伝統を次の世代へ…

海外からの評価も高いカリンガ伝統の入れ墨は、誰もが技法を身につけることは出来ません。

この伝統的な入れ墨の技法は、彫り師の血縁者にしか伝えてはならない決まりがあるそうです。さもなければ、入れ墨の文化が乱れると、古くから制限されてきました。

ファンさんには自分の子供がいなかったので、現在は、伝統を絶やさぬよう親戚の娘を特訓して、彫り師に育て上げているとのこと。

「私が入れ墨を入れた古い友達は、みんな亡くなってしまいました。現役の彫り師は私だけですが、次世代の彫り師を訓練しているので、伝統が終わることを恐れていません」

こんなTattooや入れ墨に関する仰天ニュースも!?

ドクロTATTOOの万引き美女
顔面タトゥーでドクロ転生した元美女を万引き逮捕!わずか5年で面影ゼロ

久しぶりに会った知人が、かつての面影を全く感じられないほどキャラ変していて驚かされることがある。 女子からモテモテだった ...

続きを見る

知的障害を抱える息子の腕に自宅電話番号を入れ墨した母親
知的障害の息子に「入れ墨で自宅電話番号」入れた中国の母親が炎上

「幼い子供が高速道路を歩いている」 中国浙江省温州市の警察が、市民からの通報を受けて現場に駆けつけ、高速道路をふらふらと ...

続きを見る

東京オリンピック延期と代表選手の五輪タトゥー問題
【悲報】「TOKYO2020」タトゥー入れた代表選手オリンピック延期で絶望

2020年7月24日から開幕する予定だった東京オリンピックが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に配慮して延期さ決定。 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-海外ノンフィクション
-

© 2022 海外B級ニュース