【実話】部族の王様が外国に出稼ぎ!?その切実な理由とは

出稼ぎ王

※画像は「Mail」のスクリーンショット

カナダのブリティッシュコロンビア州に暮らすエリック・マヌーさん33歳。

普段は庭師として働くエリックさんには、もう一つの顔があります。

なんと、彼は故郷のガーナ共和国では「アカン族」という部族のトップに君臨する若きキングなのです!

出稼ぎ王

※画像は「INDEPENDENT」のスクリーンショット

「なんで部族のトップがカナダで庭仕事を?」

と思う方も多いはずですが、エリックさんは故郷や部族を捨てたわけではありません。

これには深い訳があるのです...

1本の電話で部族のトップに!?

およそ6000人が暮らすアカン族の村で生まれたエリックさんは、代々、部族の王を受け継ぐ血筋。

しかし、エリックさんが成人した頃は、彼の叔父が部族を統治していました。

年頃のエリックさんはガーナに滞在していたカナダ人の女性と交際して結婚。

夫婦はカナダに移住し、エリックさんは庭師として働き始めました。

何事もなく3年が過ぎた頃。

二人の間には子供も誕生し幸せに暮らしていたのですが、エリックさんのもとに故郷のガーナから国際電話が。

それは、部族を治めていた叔父が死去した知らせと、話し合いの結果エリックさんが次の王に決まったと言う報告でした。

まさに寝耳に水だったのですが、エリックさんはアカン族のためにとガーナへ帰国し王位を継承したのでした。

こちらの動画はエリックさんがアカン族の村に凱旋した時の記録映像。

王が自ら出稼ぎする理由とは?

ところが、エリックさんは再びカナダへとUターンし、庭師の仕事を再開しました。

部族の王と聞くと、貢物や美女に囲まれて踏ん反り返っているようなイメージですが、エリックさんは違います。

貧しい村の粗末な医療設備をなんとかしようと、王が自らカナダで出稼ぎしているのです。

僕のことをテレビで見たことがある人からは「なんで部族の王が庭仕事してるの?」って聞かれます。

でも、僕はボスのために働くことに誇りを持っています。

庭師としてエリックさんを雇っている上司のスーザン・ワトソンは、若き王と貧しい村のために寄付を募る運動を開始。

集まった文房具、衣料品、パソコンなどをアカン族へ送っているそうです。

まるで映画のようなストーリーですが、これは本当の話。

今も若き王は村のためにカナダで庭師として労働しているのです。

関連記事:水不足の村のため27年かけて一人でダムを作った英雄の話

関連記事:22年間も自作した砂の城で暮らすビーチの王様

Source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS