【祝】1870年生まれの老人が146回目のバースデー!?

シェアシェアー

2016年の大晦日、日本から遠く離れたインドネシアで、ある人のバースデーパーティーが行われていた。

パーティーの主役はこちらのご老人。

そのバースデーケーキを見てみると…

「146」のローソクが!?

なんと、こちらのサパルマン・ソディメホさんは驚きの1870年12月31日に生まれ。

日本がまだ明治2年だった時に誕生したサパルマンさんは、2016年の大晦日に146歳のバースデーを迎えたのだった。

スポンサーリンク

146歳の日常

インドネシア政府が発行したサパルマンさんのIDカードには1870年12月31日生まれと明記されている。

あまりに長生きなため、12人の兄弟、4人の妻と死に別れ、すでに子供たちも他界してしまった。

大晦日のバースデーを祝ったのは孫やひ孫など、大きく歳の離れた親類たち。

人間離れした超ご長寿ながら、一人で歩くことも出来て食欲は旺盛。
ただし、視力は弱くなってしまったため、テレビを鑑賞できず、もっぱらラジオを聞いて過ごしているのだとか。

1870年生まれは本当なのか!?

確実な証拠がある中で、これまで人類史上最も長生きした女性は、フランス人のジャンヌ=ルイーズ・カルマンサンで122歳。

サパルマンさんは、この記録を大きく上回っているが、生年月日が本当に正しいのか検証されていないため、疑問視する声もある。

お迎えが来た時に備えて、今から24年前、1992年に自分の墓を用意したと言うサパルマンさんは、どこまで長寿記録を伸ばすのか?

ソース

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー