最高にエコな「下水ビール」誕生!水不足問題解決に汚水リサイクルで喉ごし爽快

beerman

rebcenter-moscow / Pixabay

夏が近づき、キンキンに冷えたビールがたまらないシーズンが到来です。

特定の銘柄しか飲まない人も多いですが、変わったコンセプトのビールを飲み比べてみるのも楽しいですよね。

海外では変わり種のビールも多く開発・販売されていますが、つい先日、北欧のスウェーデンでは、かなり斬新な製法で作られた新ビールが登場しました。

それはなんと「下水をリサイクルしたビール」だと言うのです…

最高にエコロジーな「下水ビール」誕生!!

下水リサイクルビールで水問題解決

Photo|Instagram

スウェーデンで販売が開始されたビール「PU:REST」は、ストックホルムの醸造所が手がけた新ブランド。

この「PU:REST」が、世界中のどのビールとも異なるのは、大胆に「下水」を利用していること。

もちろん、下水をそのまま使用するのではなく、人間が飲んでも問題ないよう水道水と変わらないレベルまで濾過した上でビールへ醸造。

開発にはスウェーデンの環境研究所、国際的なビールブランドのカールスバーグの協力も仰ぎ、販売にこぎつけたそうです。

水不足問題の意識を高める

下水ビールこと「PU:REST」の開発プロジェクトがスタートした背景にあるのは世界的な「水不足問題」です。

「コスト効率、エネルギー効率に優れたリサイクル水を飲んでもらうには、技術だけでなく人々の感情が問題となります。リサイクルされた水は、普通の水道水と同じくらい安全ですが、多くの人はまだ懐疑的です。世界的にも水不足は深刻な問題です。排水を清潔な飲料水にリサイクルする技術があることを示したいのです」

環境研究所のステファン・フィリプソン氏が指摘するように、どれだけ清潔だと説明されても、目の前の水が下水をリサイクルしたものだと知ったら、飲むのを躊躇してしまう人も多いことでしょう。

下水リサイクルビールで水問題解決

Photo|Instagram

この問題に一石を投じるため、ビールにリサイクル水を使用することで、心理的なハードルを下げて、親しんでもらうのが大きな目的なんだそうです。

醸造所の責任者クリス・サージェソン氏は「生産者も消費者も地球の資源について考えていかなければいけない」とコメント。

この下水ビール「PU:REST」は、レストランやフェス会場でも提供されるとのと。

いつかスウェーデンに行く機会があったら、下水ビールで喉を潤してみてね。

こんな環境問題に関する仰天ニュースも!?

家畜の連続怪死事件は太陽光発電が原因なのか
太陽光発電と家畜の連続怪死事件の闇…メガソーラー近くの牧場で家畜が感電?

フランスのブルターニュ地方コートダモールで畜産農家を営むパトリック・ル・ネフト氏は、現在、深刻な経営危機に瀕している。 ...

続きを見る

パスタの茹で汁で節水エコロジー
【エコ】パスタの茹で汁を観葉植物にブッ掛けて節水マインド育成!!

地球のために何かエコロジーなアクションを起こしたいけど、何から手を付ければ良いのかピンとこない人達へ… まずはパスタを作 ...

続きを見る

中国製じゃありませんミネラルウォーター炎上
【炎上】「Not Made in China」の水に中国ネット民激怒!!!

中国のことを嫌う人も多いですが、海外B級ニュースは非常に好意を持って注目しております。 やはり「おもしろニュース」におい ...

続きを見る

Source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース