意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

閲覧注意ニュース

ダイビングの恐怖!重度の減圧症で体型が突然変異した漁師

更新日:

年末年始の旅行で南国に行って、ダイビングを満喫する計画をたててる人もいることだろう。

しかし、一歩間違えるとダイビングは、取り返しのつかない後遺症をのこしかねない。

あるペルー人の漁師は、水深30メートルから急浮上した結果、まるでポパイやハルクのように体型がボッコボコに突然変異してしまった…

体型が突然変異したベテラン漁師

潜水症で体が突然変異の恐怖

Photo|metro

ペルー南部の港町ピスコに暮らす56歳のアレハンドロ・ウィリー・ラモスさんは、この道30年のベテラン漁師。

今から4年前のことだった。

その日、ラモスさんは仲間や息子と船で海に出ていた。

海面から酸素を送るホースを口にくわえて水深30メートルまで潜って、貝類などの獲物を狙っていたのだが、そこでアクシデントが発生した。

近くを運行していた貨物船によって、ラモスさんが呼吸するためのホースが切断されてしまったのだ。

呼吸ができなくなったラモスさんは、命からがら海面に急浮上。

しかし、急激に周囲の水圧が変化したため、ラモスさんの体に異変が起きてしまった!!!!

なんと、腕や胸がボッコボコに膨れ上がって、まるでポパイのような体型に突然変異…

減圧症のレアケース

潜水症で体が突然変異の恐怖

Photo|metro

ダイビングをやったことのある人ならご存知だろうが、水深の深い場所から急浮上するのは、非常に危ない。

血中に溶けていた窒素が気泡化してしまい、毛細血管に詰まってしまう危険性が高まる。

このような症状は「減圧症」や「潜水病」と呼ばれ、吐き気や目眩、関節症の原因となるが、ラモスさんのように体型に変化が現れるのは非常にレアケース。

体内には、今でも窒素の気泡が大量に残っているため、身体が膨れ上がっているのだ。

これは見た目だけの変化ではなく、今でも体中に痛みが走り、息をするたびに胸が張り裂けそうになるし、外出すれば、膨らんだ身体をジロジロ見られるのが、たまらなく恥ずかしいと言う。

「私の腕は信じられないほどの大きさに膨らんでしまって、もとに戻る気配はありません」

このアクシデントでラモスさんは漁師を続ける事が出来なくなり失業。

病院への治療費を支払うことも出来ず、慢性的な体の痛みに途方に暮れている…

奇病関連記事:鼻水かと思ったら脳髄液が垂れ続けていた男

奇病関連記事:謎の病が原因で20年間も湖の中で生活している女性

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

海外で話題の最新B級ガジェット 3

海外で販売されているオモシロ最新ガジェットをズンズン紹介してます!!! もはやガジェットではない商品も含まれていますが、 ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

本当に怖い都市伝説 5

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエピソ ...

-閲覧注意ニュース
-,

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.