ダイビングの恐怖!重度の減圧症で体型がボコボコに突然変異した漁師

一歩間違えるとダイビングは、取り返しのつかない後遺症をのこしかねない。

あるペルー人の漁師は、水深30メートルから急浮上した結果、まるでポパイやハルクのように体型がボッコボコに突然変異してしまった…

体型が突然変異したベテラン漁師

潜水症で体が突然変異の恐怖

Photo|metro

 

ペルー南部の港町ピスコに暮らす56歳のアレハンドロ・ウィリー・ラモスさんは、この道30年のベテラン漁師。

今から4年前のことだった。

その日、ラモスさんは仲間や息子と船で海に出ていた。

海面から酸素を送るホースを口にくわえて水深30メートルまで潜って、貝類などの獲物を狙っていたのだが、そこでアクシデントが発生した。

近くを運行していた貨物船によって、ラモスさんが呼吸するためのホースが切断されてしまったのだ。

呼吸ができなくなったラモスさんは、命からがら海面に急浮上。

しかし、急激に周囲の水圧が変化したため、ラモスさんの体に異変が起きてしまった!!!!

なんと、腕や胸がボッコボコに膨れ上がって、まるでポパイのような体型に突然変異…

一体、ラモスさんの身に何が起きたのか…?

 

減圧症のレアケース

潜水症で体が突然変異の恐怖

Photo|metro

ダイビングをやったことのある人ならご存知だろうが、水深の深い場所から急浮上するのは、非常に危ない。

血中に溶けていた窒素が気泡化してしまい、毛細血管に詰まってしまう危険性が高まる。

このような症状は「減圧症」や「潜水病」と呼ばれ、吐き気や目眩、関節症の原因となるが、ラモスさんのように体型に変化が現れるのは非常にレアケース。

体内には、今でも窒素の気泡が大量に残っているため、身体が膨れ上がっているのだ。

これは見た目だけの変化ではなく、今でも体中に痛みが走り、息をするたびに胸が張り裂けそうになるし、外出すれば、膨らんだ身体をジロジロ見られるのが、たまらなく恥ずかしいと言う。

「私の腕は信じられないほどの大きさに膨らんでしまって、もとに戻る気配はありません」

このアクシデントでラモスさんは漁師を続ける事が出来なくなり失業。

病院への治療費を支払うことも出来ず、慢性的な体の痛みに途方に暮れている…

 

こんな奇病に関する話題も…

魚臭症
体臭の奇病「魚臭症」の女性が臭いに悩まされ続けた苦悩を告白

世の中には、多くの人が聞いたことのない「奇病」や「精神疾患」と戦いながら生活している人たちがいる。 例えば、これまでに1 ...

続きを見る

世にも奇妙な恐怖症
【心の奇病】「世にも奇妙な恐怖症」で苦しむ人達の症例まとめ…

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

続きを見る

奇病が原因で20年間湖の中で生活する女性
【実話】奇病が原因で20年間「湖の中で生活」する65歳インド人女性

世界には、私達の常識では理解できないようなライフスタイルを送っている人たちがいます。 3年間も木の上で生活していたフィリ ...

続きを見る

Source

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意ニュース
-,

© 2020 海外B級ニュース