難病と闘う12歳少女が「怖い点滴を可愛くするテディベア」開発!

大人だって点滴するのは怖い…

得体の知れない薬品が針を通して自分の体に少しずつ流れ込んでくるのは、気持ちの良いものじゃありません。

それが子供だったら尚更です。

病院に行くのだって不安なのに、長時間点滴に耐える恐怖は想像に難くありません…

そんな子供が抱く点滴の恐怖を和らげる斬新なアイテムを考案したのは、アメリカに住む12歳の少女エラ・カソナちゃん。

難病の少女の発明品

怖い点滴を可愛くするテディベア

エラちゃんが考案した「メディ・テディ」は、簡単に言えば点滴バッグを覆い隠す可愛いクマのヌイグルミ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Medi Teddyさん(@medi_teddy)がシェアした投稿 -

腕に針を刺して点滴をすることに変わりはないんですが、無機質な点滴バッグと比較するとガラリと印象が変わります。

「初めて私が点滴した時に、点滴の量やチューブが、とても怖かったんです。多くの子供が私と同じ怖い思いをしているのを知って、点滴の怖さを和らげることに興味を持ちました。それでメディ・テディを作ったんです」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Medi Teddyさん(@medi_teddy)がシェアした投稿 -

このメディ・テディを考案したエラ・カソナちゃんは、7歳の時に血小板が減少して出血しやすくなってしまう難病、特発性血小板減少性紫斑病と診断されました。

そのため、定期的に血小板を増やすための点滴を打たなくてはならず、病院で自分と同じように点滴を打つ子供たちを目の当たりにしてきたそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Medi Teddyさん(@medi_teddy)がシェアした投稿 -

現在、メディ・テディは商品化に向けて19.99ドル(+配送料)でプレオーダーを受付中。

この売上金から、世界中の病気と戦う子供たちにメディ・テディを寄付する活動も行っていくとのこと。

日本の医療関係者の方々いかがですか?

こんな素晴らしい発明品も!!!

関連記事:ママに怒られた12歳が「自動で洗濯物を取り込む物干し竿」を発明

関連記事:面倒なLEGOの後片付けを瞬殺するアイデア商品誕生

Source

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS