体臭の奇病「魚臭症」の女性が臭いに悩まされ続けた苦悩を告白

体臭の奇病「魚臭症」の女性が臭いに悩まされ続けた苦悩を告白

世の中には、多くの人が聞いたことのない「奇病」や「精神疾患」と戦いながら生活している人たちがいる。

例えば、これまでに100件しか症例が報告されていない「クシでとかせない毛髪症候群」の少女や…

毎日大量の泥を食べ続ける「異食症」の男性など…

そして、まるで魚のような体臭によって、気を使っていても周囲から白い目で見られてしまう女性も…

魚のような体臭の原因は魚臭症

YOU TUBE|The Woman Who Constantly Smells Of Fish

36歳のケリー・フィドーさんは、物心ついた頃から自分の体臭に悩んでいた。

そのため、一日に4回はシャワーを浴びて体中にデオドラントを塗って、なんとか体臭をおさえようと生活してきた。

が、それでも周囲をごまかしきれないほど彼女の体臭は生臭かった

今から2年前、体臭に悩むケリーさんが病院で診察を受けたところ「魚臭症」と診断された。

 

魚のような体臭に悩む少女

YOU TUBE|The Woman Who Constantly Smells Of Fish

この聞きなれない「魚臭症」とは何なのか?

魚臭症とは、読んで字のごとく「体臭や口臭が魚の腐ったような臭い」になってしまう病気。

この魚臭症の患者は世界中でも数百人ほどしかいない奇病で、確実な治療方法も見つかっていない。

「子供の頃から、自分の体臭は周りの子達と違うと気づいていました。同級生に『お前は魚臭い』と言われ『お昼に魚のサンドイッチを食べたの』と嘘ついたことが何度もあります。ティーンエージャーにとっては難しい問題でした」

正式には「トリメチルアミン尿症」と呼ばれ、原因は遺伝的なものと、肝機能の低下による後天的な場合がある。

食事をした際、本来は体内で分解されるトリメチルアミンという物質を分解できず、匂いの元となるトリメチルアミンを汗や呼吸で排出してしまうため、魚の腐ったような臭いがしてしまう。

そんな魚臭症、トリメチルアミン尿症で辛い人生を送ってきたケリーさんも、体臭に理解のあるパートナーが出来て、人生が変わりつつあるんだとか…

 

魚臭症への理解

体臭によるクレームを受けてきたケリーさんは、極力、人と関わらないようにするため、放射線技師として病院に夜勤で働いている。

「魚臭症の患者は世界でも珍しいため、周りの人達に理解してもらうのが難しいんです」

そんなケリーさんの事を一番理解しているのが、夫のマイケルさん。
二人の出会いは16年前。

「確かにケリーの体臭は気になったけど、それを口にだすことはなかったよ。お互い惹かれ合っていたから大した問題じゃなかったんだ。同棲生活をはじめて、彼女のために出来ることをしようと思ったんだよ」

これまで、人間関係に消極的だったケリーさんだが、魚臭症と診断されてから徐々に、意識が変わり始めたとか。

「診断結果を知る前までは、シャワーに膨大な時間を使ってきました。熱湯で肌が赤くなるまでゴシゴシ洗って…ものすごいストレスでした」

診断の後、ケリーさんは執拗に身体を洗うことが肌に悪影響を与えていると知り、今では敏感肌用のボディーソープを使用するように。

さらに、最近では職場の同僚に自分の抱えている問題について話すようになったとか。

日本では昭和薬科大学の山崎浩史教授が魚臭症の研究を行っていて、検査も行っている模様。
「もしかして自分も!?」って人は、教授のHPまで。

source

関連:「双極性障害」に悩む有名人、セレブ10人

関連:本当に怖い「30の恐怖症」イラストまとめ

世界仰天ニュースカテゴリの最新記事