【実話】妻と娘が殺し屋を雇った理由「厳しい父がデニムを禁止したから」

【実話】妻と娘が殺し屋を雇った理由「厳しい父がデニムを禁止したから」
母と娘が殺し屋を雇った理由
Photo|thereporter.my

2018年6月24日…

インドのウッタル・プラデーシュ州で警察官をしていたメハルバーン・アリが、遺体となって下水道から発見された。

警官殺しの犯人逮捕のため捜査が始まると、警察の疑いの目は被害者メハルバーンの家族に向けられた。

自宅や事件現場周辺の監視カメラに残されていた映像や、家族の通話履歴を解析していくと、不審な点がいくつも露見したからだ。

 

母と娘が殺し屋に依頼…

事件を担当したサヤール・バザー捜査官は、このようにコメントしている。

「被害者の遺体を発見してから、私達は家族の誰かが事件に関与していると疑いました。遺体が見つかったのは、自宅からわずか250mしか離れていませんでしたからね。それに、家族の通話履歴を調べると、妻のザヒダが1つの番号に何度も連絡していることが明らかになりました」

事件当日、被害者は午後10時に警察署を出て、10時45分に帰宅。

被害者の帰宅直後に、2名の不審な男が被害者宅へ入っていく様子が映像に残されていた。

つまり、被害者メハルバーンの帰宅時刻を家族が殺し屋に知らせ、自宅で殺害。その後、250m離れた下水道に遺体を遺棄したと警察は推測。

母と娘が殺し屋を雇った理由
Photo|thereporter.my
 

映像証拠や通話記録を突きつけられた母と娘は「父の殺害を殺し屋に依頼した」犯行を自供する以外に道はなかった。

報道によれば、殺し屋2人には仕事料として約16万円が支払われたとか…

気になるのは、母と4人の娘が殺し屋に依頼してまで「父にいなくなって欲しかった」動機だが…

本当にあった怖いニュースカテゴリの最新記事