【サッカーの怖い話】試合中の落雷で同じチームの選手11名が死亡!雷の原因は呪いだった?

これは本当にあったサッカーの怖い話

悪天候の中で強行されたサッカーの試合の最中、強烈な光と轟音の直後に、グラウンドでプレイしていた11人ものサッカー選手が帰らぬ人となってしまった…

【サッカーの怖い話】試合中の落雷で同じチームの選手11名が死亡

【サッカーの怖い話】グラウンドに落雷で11名死亡

今から25年前の1998年10月。その日、コンゴ南西部カサイ州のサッカー場では、雨が降る悪天候の中ベナ・シャディとバサンガというチームの試合が行われていた。

この試合の最中に、誰も予想だにしない悲劇が起きた。

なんとサッカーグラウンドに雷が直撃して、20〜35歳の選手11名が一瞬で死亡。観客など30名が火傷する大惨事となったのだ。

【サッカーの怖い話】試合中の落雷で同じチームの選手11名が死亡

 

人に雷が落ちてくる確率は100万分の1と言われている。

ほとんどの人は死ぬまで落雷直撃を食らうことなんて無いのに、11人が同時に落雷で命を落とすなんて前代未聞…

※下の動画は南アフリカで行われたサッカーの試合中にグラウンドを落雷が直撃した模様…

Terrible lightning strike on a football matchTerrible lightning strike on a football match
 

コンゴの落雷事故では全く別の疑惑も囁かれた。

亡くなった11名の選手は全てベナ・シャディという同じチームに所属していて、相手チームのバサンガの選手は全員無事。

この不可解な事実から「ベナ・シャディのチームの選手は呪いがかけられていたに違いない…」と地元の人達は本気で呪いを恐れたそうだ…