本当にあった怖いニュース

乾電池55個飲み込んだ女性を緊急手術!世界記録の異食症にレントゲンを見た医師も仰天!

アイルランドの首都ダブリンの大学病院に、66歳の女性患者が腹痛を訴えてやって来た。

担当の医師は、女性の腹部を撮影したレントゲン写真を見て度肝を抜かれた…

異食症で大量の電池を飲み込んだ女性

なんと女性の体内に大量の乾電池が入っていたのだ!!!!

乾電池55個飲み込んだ女性を緊急手術

この世に電池で動く人間なんていないので、女性患者の体内に入っていた電池は、彼女が自ら飲み込んだもの。

幸い、大量に電池を飲み込んでいたものの、胃や腸を塞いではいなかった。そのため、医師は女性の体内から電池が自然に排出されるのを待って経過を観察。

すると、約1週間で単3電池が5本排出された。

しかし、それでも女性の体内にはごっそり電池が残っていて、腹痛も酷くなっているようだった。そこで、医師は電池を摘出する手術を決定。女性の体内からは50本の電池が取り除かれた。

コチラが、実際に女性の体内から摘出された電池…

異食症で大量の電池を飲み込んだ女性

「医師の私の知る限り、患者が飲み込んだ電池の数では、今回のケースが最高記録です」

女性患者の体内からは、単3と単4の電池が合計で55本も摘出されたのだが、なぜ電池ばかりを飲み込んだのか、詳しい理由は明かされていない。

おそらく精神的なストレスによる異食症(栄養の無いものを無性に食べたくなる症候)や、自傷行為ではないかと言われている。

こんな医療関係の仰天ニュースも!?

奇病ファントムマスク症候群
新奇病「ファントムマスク症候群」とは!?マスクの幻に体調を崩す人急増

新型コロナウイルスの感染者も減少して、マスク着用義務も各国で緩和されつつあります。 そんなアフターコロナの世界で、マスク ...

続きを見る

わずか二年で美少女が老婆のような姿に
奇病「早老症」に絶望…絶世の美少女が2年で老婆のような女子高生に

14歳の美少女の体に異変が… フィリピンに住むライゼル・カラゴは美人コンテストに出場するほど、周囲からも評判の美少女だっ ...

続きを見る

笑い病パンデミックの謎
謎の奇病「笑い病」パンデミックの原因は?ウイルスか集団ヒステリーか?

人間は「笑う」ことで、気分が明るくなり、心の健康が保たれる。 しかし、その笑いが1時間も2時間も、ましてや気を失うまで続 ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖いニュース
-, ,

© 2022 海外B級ニュース