スピリチュアルの怖い話「全身に針が刺さった女性患者」摘出の説得を頑なに拒否し死亡…

誰だって「幸せになりたい」「成功をつかみたい」と願っているけれど、その思いが強すぎてしまうと、眉唾もののスピリチュアル沼に陥ってしまうことも…

これから紹介するのは、ある医師が実際に体験したスピリチュアルの怖い話…

スピリチュアルの怖い話

スピリチュアルの怖い話「全身に針が刺さった女性患者」

これはマレーシアで医師をしているラスジフさんが実際に治療を担当した女性患者の話。

ある日、脳卒中で倒れた60歳の女性患者が病院へ搬送されてきた。

半身麻痺と言語障害が残ってしまったものの、一命を取り留めた女性患者は前向きだった。

ただ、診察を担当したラスジフ医師には、非常に気がかりなことがあった。

レントゲンを撮影すると、女性患者の体中に針のようなものが無数に埋め込まれていたのだ…

スピリチュアルの怖い話「全身に針が刺さった女性患者」

 

顔、首、胸など至る所に深く刺し込まれた針は一体何なのか?

知らないうちに体中に針が埋め込まれていたなんて有り得ない。

女性患者に話を聞くと、その真相が明らかになった…