本当にあった怖いニュース

Amazonメキシコ元CEOが殺し屋を雇って妻を殺害し国際指名手配

世界的大企業Amazonのメキシコを統括していたCEOファン・カルロス・ガルシアは、ある事件をきっかけに4年前から失踪している。

AmazonメキシコCEOの妻暗殺事件

それは2019年に発生したファン・カルロス・ガルシアの当時の妻アブリル・ペレス・サガオン暗殺事件だ。

Amazonメキシコ元CEOの妻暗殺計画

2019年11月25日、メキシコの首都メキシコシティで、映画のような暗殺事件が発生した。

走行中の車が赤信号で止まると、横に1台のバイクが止まり、助手席にいた女性に向けて発砲。弾丸は頭部に命中して女性は死亡。そのままバイクは走り去っていった。

AmazonメキシコCEOの妻暗殺事件

この殺人事件の被害者はアブリル・ペレス・サガオンで、夫はAmazonメキシコのCEOファン・カルロス・ガルシア。ガルシアは、Amazonが2015年にメキシコに最初の拠点を作った時にCEOに就任した人物だった。

すぐに事件の最重要容疑者としてマークされたのは、夫のガルシアだ。

AmazonメキシコCEOの妻暗殺事件

と言うのも、当時、夫婦は裁判中。アブリルが「夫から家庭内暴力を受けている。睡眠中に野球のバットで頭部を殴られ殺されそうになった」と、裁判所に訴えていたのだ。

警察は「夫が殺し屋を雇って妻を殺害した」と見て、身柄を拘束しようとしたが、容疑者ガルシアはメキシコから逃亡。インターポールを通じて、国際指名手配されることになった。

その後、ガルシアの行方はつかめず事件は未解決となっていたけれど、警察は暗殺を実行した2人の殺し屋を逮捕。

AmazonメキシコCEOの妻暗殺事件

2人の殺し屋はガルシアから大金と引き換えに、アブリル殺害を依頼されたと証言を始めた…

Amazon元CEOは今も逃亡中

2022年6月に、アブリル・ペレス・サガオン殺人事件の裁判が始まり、暗殺を実行した2人の殺し屋が証言を行った。

AmazonメキシコCEOの妻暗殺事件

「アブリルを殺害する報酬として18万ペソ(約120万円)受け取った。逃亡中のガルシアから支払われた」

現在でもファン・カルロス・ガルシアの行方は分かっていない。インターポールによれば、暗殺計画が実行に移された数日後に、ガルシアはメキシコを脱出して、アメリカへ密入国したと見られている。

こんな本当にあった暗殺事件も…

未解決「冷蔵庫殺人事件」
未解決「冷蔵庫バラバラ殺人事件」の謎…失踪した容疑者はケネディ暗殺にも関与?

1965年、テキサス州ヒューストンで身も凍るような凄惨な事件が発生した。 この事件は、50年以上が経過した今でも未解決の ...

続きを見る

マクドナルドで起きた殺人事件
【実話】殺人現場はマクドナルド…本当にあった5つの怖い事件まとめ

世界中で親しまれているマクドナルドは、店舗総数が35,000店以上。 ただ、過去には世界各地のマクドナルドで悲惨な事件も ...

続きを見る

インド人の夫が毒蛇で妻を暗殺事件
毒蛇で寝ている妻を暗殺した夫を逮捕!無罪主張も終身刑確定

つい先日、28歳のインド人男性に殺人罪で、終身刑が言い渡された。この裁判で注目されたのは、男が計画した殺害方法。 なんと ...

続きを見る

source

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖いニュース
-

© 2022 海外B級ニュース