【実話】謎だらけ…不気味すぎる未解決の失踪事件…怖い話まとめ

【実話】謎だらけ…不気味すぎる未解決の失踪事件…怖い話まとめ

ある日突然、人が姿を消す。

まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。

捜索の結果、失踪者が見つかることもあれば、発見はおろか「失踪した理由さえも明らかにならない」不可解なケースは少なくない。

世界で発生した膨大な失踪事件の中から、特に謎めいていて、不気味なストーリーをピックアップ…

 

地方検事と壊れたパソコン

pc

2005年4月15日。

アメリカのペンシルバニア州で地方検事をしていたレイ・グリカーは、ガールフレンドに電話をかけ「ちょっとドライブしてからすぐ帰る」と伝えた。

しかし、彼が帰宅することはなかった。

それどころから、警察によって広範囲に渡る捜索が行われたが、その後レイの姿を見た人は誰もいない。

突然の失踪後、彼が乗っていた車は地元にあるアンティークショップの近くに駐車されているのを発見された。

さらに後日、釣り人が地元の河川敷でレイの使用していたノートパソコンを発見。

しかし、損傷が激しくデータを復元することは出来なかった。

レイ・グリカーは自分でパソコンを壊して姿を消したのか?

それとも、別の人物がレイのパソコンを壊し彼を連れ去ったのか?

後に奇妙なことが明らかになった。

レイの自宅にあったパソコンの検索履歴を調べたところ、「ハードディスクを破壊する方法」「ハードディスクの乾かし方」「ノートパソコンへの水のダメージ」といったワードが検索されていた。

これはレイ自身が調べたのか?

何者かが彼の家に侵入して調べたのか?

今となっては定かではない。

そのまま行方がわからなくなっていたレイ・グリカーは、2011年をもって法的に死亡が認められた。

 

幽霊船と25名の船員

ship

1955年

25名の船員を乗せたMVジョイタ号はサモア諸島を出発し、2日間の航海でトケラウ諸島へ向かう予定だった。

しかし予定日を過ぎ、出港から4日目になっても目的の港へ到着しないことから、ジョイタ号の捜索が行われた。

が、船も乗組員も貨物も何一つ発見されることはなく、捜索は打ち切り。

遭難信号も出さずに姿を消したジョイタ号は、出港から1ヶ月後に船体が発見された。

出港したサモア諸島の港から600マイル(約965km)離れた海上に浮かんでいるのを発見されが、船内には25人乗っていたはずの船員の姿が皆無。

船の中からは、救命艇、航海日誌、ナビゲーション装置がなくなっていたが、一体、船員たちの身に何が起きたのか、理由がハッキリしない。

また、後にジョイタ号は遭難信号を出していたが、配線不良のため、周囲わずか2マイルまでしか届いていなかった事は判明。

何らかの理由で船員たちは船を捨て、救命ボートで脱出したと思われるが、不自然な点も多い。

まず、船体には何かが衝突したような形跡が残されていたが、船が浸水して沈んでしまうような深刻なダメージではなく、発見時にも船は海上に浮かんでいた。

船を捨てたとしても、空から捜索を行った時に救命ボートが全く見つからないのは不自然にも思われる。

より不可解なのは、船内に残されていた救命箱の中には、医療用具の代わりに、血まみれの布切れが押し込められていたこと。

そして、船の全ての窓は割られていて、エンジンにはマットレスがかけられ複数あった時計は、全て10時25分で止まっていた。

一体、ジョイタ号に何がおきたのか?

神隠しや犯罪絡みなど、色々な仮説がたてられたが、今でも事件は謎のまま。

姿を消した発明王

train

19世紀のフランスで最も影響力のある人物として、認知されていた発明家ルイ・ル・プランス。

単レンズカメラを使った世界初の動画撮影を成功させた人物で、類稀なる知識と才能の持ち主だった。

が、ある日ル・プランスは、まるでミステリー映画のような謎を残して姿を消してしまう。

1890年9月16日

ル・プランスは旅行先のアメリカから、当時住んでいたイギリスへ帰国する途中、フランスに立ち寄って友人や家族に会いに行く予定だった。

そのため、ル・プランスはパリに向かう列車へ乗車。

しかし、列車がパリへ到着し、友人たちが出迎えに訪れていたが、ル・プランスは一向に姿を表さない…

乗車していたはずの列車内を隈なく探しても、ル・プランスの姿はなく、煙のように消えてしまった。

彼が乗っていた個室の窓はロックされいて、そこから外に出た可能性は低く、周りの乗客で不審な出来事に気付いたのは一人もいなかった。

一体、天才発明家の身に何が起こったのか?

ル・プランスの失踪には様々な憶測や陰謀論が語られている。

この時、ル・プランスは金銭トラブルを抱えていたため、何らかのトリックを使って自殺をしたのではないか?

ル・プランスはカメラの特許を巡ってアメリカのエジソンと揉めていたため、暗殺されたのではないか?

金銭問題に家族を巻き込まないため、自ら姿を消したのではないか?

その後、ル・プランスは1897年に死亡認定されたが、その失踪劇は謎のまま…

ハリウッド女優と謎のメモ

Hollywood

ジーン・スパングラーは、ハリウッド黄金時代の女優で、その美貌で一躍スターとなった。

そんな彼女は突然姿を消した。

1949年10月7日

ジーンは別れた夫と子供の養育費のことで話し合う予定だったが、約束の場所に姿を現さず、全く行方がわからなくなってしまった。

警察が必死に捜索すると、彼女の財布が発見されたのだが、その中にはジーンが書いたと思われる奇妙なメモが入っていた。

カーク、もう待てない。
スコット博士を見に行く。
母親がいなくても、この方法ならうまくいく

このカークとは誰なのか?

候補として上がったのは、当時、ジーンと映画で共演していた名優カーク・ダグラス。

疑いを向けられたカーク・ダグラスだが、彼とジーンは親しい間柄ではなかったそうだ。

そしてもう一人、捜査線上に名前が上がったのは妊娠中絶医のカークという医者。

このカーク医師には、元患者の女性を脅迫した前科もあった。

しかし、決定的な証拠や真犯人は見つからず、現在もジーン・スパングラー失踪事件は未解決のまま。

シルク王の失踪

jungle

1967年5月26日。

かつてCIAの前身となるOSSに在籍していたジム・トンプソンは、タイでハイキングに出かけ、そのまま姿を消してしまった。

当時、ジムはタイに移住してシルク工場の経営して成功を収め「シルク王」とまで称されていた。

ジムは軍隊で特殊訓練を受けたサバイバリストで、普通の人が音を上げるような厳しい環境も乗り越えるスキルを持っていた。

そんな彼は、どこに姿を消したのか?

失踪当日は、彼はそれほど長距離のハイキングを予定していなかったようで、自宅からは薬やタバコなども持たずに出かけていたことが明らかとなり、遠出して道に迷ったという可能性は低い。

事件の仮説として根強いのは、ジムが身代金目当てで誘拐されたという説、失踪したと見せかけて、ジムは身分を隠して裏世界の住人になったという陰謀論…

だが、恐らく真相が明らかになることはない。

関連記事:本当にあった恐怖の未解決事件まとめ

関連記事:海外で話題になった怖い話まとめ

怖い話まとめカテゴリの最新記事