意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

本当にあった怖い未解決事件

【陰謀】9.11同時多発テロ事件の6日後に自殺した謎の男とネットの嘘

投稿日:

2001年9月11日…

アメリカ各地で4機の国内便がハイジャックされ、ニューヨークの世界貿易センタービルと国防総省庁舎に突っ込む「アメリカ同時多発テロ事件」が発生。

3000人以上の死者を出し、世界は悲しみと怒りに包まれた。

その6日後の2001年9月17日…

ワシントン州のホテルで、首を吊って死んでいる男性が発見された。

 

テロ事件の6日後に自殺した謎の男

9.11アメリカ同時多発テロ事件の6日後に自殺した謎の男

Photo|Facebook

自殺した男がチェックインの時に書き残した名前はライル・ステヴィック。

遺体のすぐ側には、くしゃくしゃのメモが残されていたが、そこに書かれていたのは「Sucide(自殺)」の一言だけ。

そして、折りたたんだ紙の中に160ドルが入っていて、「部屋のために」と書き加えられていた。

自殺自体は珍しいことではないが、その後、この一件が大きく注目を集めたのは、ライル・ステヴィックが何者なのか、全く分からなかったからだ。

9.11アメリカ同時多発テロ事件の6日後に自殺した謎の男

Photo|Facebook

免許証などの身分証明証を所持しておらず、指紋やDNAのデータベースと照合しても該当者ゼロ。

似顔絵が公開されても、身内が名乗りを上げることはなかった。

この謎の死は、同時多発テロとの関連を疑う声があがり、様々な陰謀論が語られるようになった。

「ライル・ステヴィックは中東出身らしい」

「飛行機のハイジャックに関与していたんじゃないか?」

「テロを手伝った罪の意識に押しつぶされたんだよ」

徹底捜査の末に身元が判明

捜査当局は非営利組織「DNA Doe Project」(身元不明の遺体のDNAを調べ、身元を特定して遺族に返還するのを目的とした団体)の助けを借り、徹底的にライル・ステヴィックの身元を調査。

20名以上のボランティアスタッフが、膨大なDNAサンプルの中からライル・ステヴィックにつながる手がかりを捜索したところ、自殺から17年が経過した2018年、ついに彼の親族に辿り着いたのだった。

まだ遺族の意向で、ライル・ステヴィックの本名は公表されていない。

しかし、彼はネットで噂されるような中東系の血筋ではなく、実際にはヒスパニック系とネイティブアメリカン系の混血だと明らかになった。

つまり、勝手な陰謀論で同時多発テロ事件と結び付けられていたライル・ステヴィックの汚名は、死後17年後に晴らされたことになった。

ただ、それでもライル・ステヴィックの自殺の動機は明らかになっていない。

9.11のニュース映像にショックを受けたことが原因なのか、それとも何か別の理由が…?

関連記事:本当にあった海外の怖い未解決事件まとめ

関連記事:【閲覧注意】後味が悪すぎる怖い話短編集…

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

海外で話題の最新B級ガジェット 3

海外で販売されているオモシロ最新ガジェットをズンズン紹介してます!!! もはやガジェットではない商品も含まれていますが、 ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

本当に怖い都市伝説 5

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエピソ ...

-本当にあった怖い未解決事件
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.