意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

本当にあった怖い未解決事件

【怖い未解決事件】「2月9日の殺人鬼」は音もなく忍び寄る…

更新日:

2006年2月9日…

アメリカ合衆国ユタ州のソルトレイクシティで、ヒスパニック系の女性ソニア・メヒア29歳が自宅アパートで何者かに殺害される事件が起きた。

未解決2月9日の殺人鬼事件

被害者は暴行を受けた後に絞殺され、犯人は部屋からジュエリーなど何点か持ち去っていたことが明らかとなった。

現場からは犯人のDNAも発見されたが、有力な容疑者は浮かび上がらず、事件は暗礁に乗り上げた。

それから2年後…2008年2月9日…

同じくソルトレイクシティのアパートで、ヒスパニック系のダミアナ・カスティロ57歳が何者かに絞殺された。

未解決2月9日の殺人鬼事件

2名の被害者の自宅は、僅か1.6kmほどしか離れていなかったが、当初、捜査関係者は「質の悪い偶然の一致」かと考えた。

しかし、そうではなかった。

2つの事件の現場で採取された、犯人のものと思われるDNAが一致。

犯人は意図的に2月9日を選んで、ヒスパニック系の女性を2名も殺害したのだ。

テレビや新聞メディアは犯人を「2月9日の殺人鬼」と名付け、この不気味で不快な事件を連日のように報じた。

奇妙なのは、どちらのケースも犯人が現場に押し入った形跡がないこと。

つまり、加害者と2人の被害者は「顔見知りであった」可能性や「2006〜2008年にかけて事件現場周辺に住んでいた」ことも考えられる。

ところが、DNAという決定的な証拠がありながらも、データベースと一致する人物は見つからず、警察は犯人を逮捕することが出来なかった。

DNAから得られた情報は、犯人が被害者と同じヒスパニック系で、年齢は若く犯行当時10代だった可能性もあると発表。

ネット上には、こんな不気味な仮説もある…

「犯人の誕生日が2月9日で、自分へのバースデープレゼントに被害者を絞殺したんじゃないか?」

その後、周辺地域で同様の犯行は行われていないが、2人を殺害した2月9日の殺人鬼は、今もどこかで獲物を物色しているのかも知れない…

Source

関連記事:本当にあった怖い未解決事件まとめ

関連記事:閲覧注意な怖い話短編集

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-本当にあった怖い未解決事件
-, ,

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.