【怖い未解決事件】人気小説家の不自然過ぎる自殺と人種差別団体の脅迫

アメリカの小説家ユージーン・イッツィは、80年代後半から立て続けに作品を出版。

故郷シカゴを舞台にしたハードボイルドな犯罪小説が話題となり、人気作家として多くの読者に支持されていたのだが…

人気小説家の未解決な自殺事件

人気小説家の不審な自殺

1996年12月7日…

ユージーンはシカゴのダウンタウンに借りていた14階建てビルの仕事部屋で、首を吊った状態で発見された。

最初は、スランプに悩んだ小説家が自ら死を選んだのかと思われたが、あまりにも不審な点が多かった。

人気小説家の未解決な自殺事件

不審点1「自殺の動機」

この頃のユージーンには、自殺に結びつくような動機が見当たらなかった。

むしろ、彼は次回作の執筆に意欲を燃やしていて、親しい友人や仕事の関係者に作品の構想を熱心に語っていた。

43歳で健康面でも問題はなく、小説家として油の乗っていた時期で、作品が売れず金に困っていたわけでもない。

遺書も書かずに突然、首を括る方が不自然なのだ。

不審点2「所持品」

遺体で発見された時、首吊り自殺をしているにも関わらずユージーンは防弾チョッキを着用していた。

さらに、彼の履いていたズボンのポケットにはメリケンサックと護身用の警棒、現場の仕事部屋からは38口径のリボルバーも発見された。

これから自殺をする人が武器や防具を身につけるだろうか?

それよりも「ユージーンは誰かから命を狙われていた」と考えたほうが自然だし、何者かがユージーンを殺害した後に自殺に偽装した可能性を指摘する声も多い。

そして、後の捜査で実際にユージーンが脅迫を受けていた事実も明らかにされている…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-本当にあった怖い未解決事件
-

© 2020 海外B級ニュース