クリスマスに自殺した妻は何者だったのか?他人の戸籍を盗んだ母の半生

クリスマスに自殺した妻は何者だったのか?他人の戸籍を盗んだ母の半生

2010年12月24日…

テキサス州の都市ロングビューで42歳のロリ・エリカ・ラフが停車してあった車の中で自殺しているところを発見された。

本当にあった怖い事件自殺した妻は何者だったのか

クリスマスイブの夜に、幼い娘を持つエリカは自分の頭部を拳銃で撃ち抜いたのだ。

夫のブレイク・ラフは妻の自殺に動揺した。

と言うのも、ブレイクはエリカとの離婚手続きを進めていた最中で、自殺の一因が自分にあるのは明らかだったからだ。

しかし、あれほど愛していた娘を置いて自殺するには、何か他の原因もあるようにも思えた…

 

深い悲しみの中でブレイクがエリカの遺品を整理していると、クローゼットの奥から鍵のかけられた箱が見つかった。

何か大切なものが保管されているに違いないが、エリカはもういない…

ブレイクは彼女が遺していった秘密の箱を開けると、中から思いもよらない品が出てきた。

自分の知らない名前の人物の出生証明書や身分証が何枚も保管されていたのだ。

その後、エリカが隠し持っていた他人の身分証や出生証明書について警察が調査を行うと、驚きの事実が発覚する…

エリカは他人の戸籍を盗み、他人に成りすまして生活していたのだ。

怖い話まとめカテゴリの最新記事