遺体周辺に散乱する多額の紙幣…被害者の奇行が謎だらけの未解決事件

遺体周辺に散乱する多額の紙幣…被害者の奇行が謎だらけの未解決事件

今から20年ほど前にこの世を去ったブレア・アダムスの死は、あまりにも多くの謎に包まれていて未解決事件のまま今日に至り、今後も解決する見込みはない。

真面目に働いていた男性は、ある日突然、何者かに怯え始め、そして導かれるように謎の死へ突き進んでいった…

未解決ブレアアダムス怪死事件

 

 

大量の紙幣が散乱する遺体発見現場

1996年7月11日…

アメリカ合衆国テネシー州の工業都市ノックスビルの駐車場で、早朝7時半頃に若い男性の遺体が発見されたのだが、それが自然死なのかを疑う必要はなかった。

誰の目から見ても明らかなほど、遺体発見現場は異様な有様だったからだ。

男性はズボンを脱いだ半裸の状態で、体中に暴行を受けた形跡があり、遺体の周りにはドイツ、カナダ、アメリカの紙幣が大量に散らばっていた。

現場には財布も残されていて、中のIDからカナダのブリティッシュコロンビア州に住む31歳のブレア・アダムスだと特定。

後に、捜査を担当した地元の保安官ジム・ジョーンズは、こんなコメントを残している。

「この事件は、あらゆる側面で謎に包まれている。その謎を全て解き明かすのは難しい」

謎の多い事件だが、被害者ブレア・アダムスは、死の直前に度重なる奇行を繰り返していたことが、捜査で明らかとなる。

 

本当にあった怖い未解決事件カテゴリの最新記事