【怖い未解決事件】ジャングルに消えた女子大生失踪事件と不自然な証拠品…

2014年…

オランダの女子大学生クリス・クレマーズとリザンヌ・フロンは、北米と南米の境に位置するパナマ共和国で、6ヶ月間の長期滞在を計画。

パナマの大自然でハイキングやボランティア活動、スペイン語を学ぶのが目的だった。

未解決事件「ジャングルに消えた女子大生」

ジャングルに消えた女子大生失踪事件

4月1日 午前11時

オランダからパナマへ入国した2人は、現地の家庭にホームステイしていた。

この日、クリスとリザンヌはホストファミリーの飼っている犬と一緒に、近場のジャングルへ散歩に出かけることにした。

翌日にツアーガイドを予約して本格的なハイキングをすることになっていたので、家族にもすぐ戻ると伝え、午前中に軽装で出発。

しかし…

しばらくしてホストファミリーのもとに、2人と一緒に出かけた犬だけが戻ってきた…

日が暮れてきても2人が戻らないため、心配した家族達は近所を探し回ったが一向に姿は見つからず、携帯電話も繋がらない…

結局、家族は朝まで待っても2人が戻らないため警察へ通報。

4月2日より、ジャングルに消えたクリスとリザンヌの大規模な捜索が始まった…

謎だらけの不審な痕跡

ジャングルに消えた女子大生失踪事件

通報を受けた警察は地元の人達の助けも借りて、二人が消えたジャングルの捜索を行い、飛行機で空からの監視も行った。

しかし、二人の行方は手がかりすら見つからない…

行方不明の知らせを受けたクリスとリザンヌの家族は、オランダの警察と一緒にパナマへ入国し、娘達の安否を祈った。

地元警察と警察犬による密林の捜査が始まって10日目…

二人の手がかりは意外な場所から見つかった。

地元の女性が、水田近くを流れる川のほとりで青いリュックサックを発見したと、警察に届け出た。

そのリュックは、まさにリザンヌが散歩へ行く際に所持していたもの。

ジャングルに消えた女子大生失踪事件

リュックの中からはサングラス2個、現金83ドル、リザンヌのパスポート、ペットボトルの水、ブラジャー2枚、携帯電話2個、デジカメが発見された。

すぐに警察は携帯電話とカメラを調べると、いくつかの不審な点が見つかった。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS