【怖い実話】正体不明のストーカー「ウォッチャー」が幸せな家族をぶち壊す…

これはアメリカで本当に起きた、恐ろしいストーカー事件の一部始終。あまりに理不尽で気味の悪い未解決事件だ…

2014年6月…

ロバート・ハーゲン氏は広い自宅で子供を育てるため、テキサス州ウエストフィールドに130万ドル(約1億4000万円)の豪邸を購入した。

大きなベッドルームが6部屋もあり、周辺の町並みも素晴らしく、家族にとって素晴らしい生活が幕を開ける…はずだった…

謎のストーカー「ウォッチャー」からの手紙

正体不明のストーカー「ウォッチャー」が幸せな家族をぶち壊す…

新居に引っ越し、10万ドルの費用をかけて改装工事を始めた矢先、ハーゲン一家の元には「ウォッチャー」を名乗る謎の人物から気味の悪い手紙が届き始めたからだ。

「誰かが引っ越してくるのを待っていました。私はいつも見守っています」

「あなたの名前を知ることが出来て嬉しく思います」

「私のもとに若い血を届けに来てくれて、ありがとうございます」

「子どもたちの名前がわかったら、子どもたちを私のもとに招待しようと考えています」

「若い血は地下室で遊んでくるだろうか?」

「通りに面したベッドルームは誰の部屋かな?それが分かれば、私の計画は更に素晴らしくなるでしょう」

「壁に何かあるのを、まだ見つけてないんですか?」

「私は今、監視しながら待っています。若い血が私のものになる日を夢見て」

もちろん、引っ越してきたばかりの家族には、手紙の差出人に関して心当たりがない。

正体不明のストーカー「ウォッチャー」が幸せな家族をぶち壊す…

ハーゲン氏が警察に通報し、謎のストーカー「ウォッチャー」騒動をテレビメディアも報道。事態は大きくなり、市長が「全力を上げて捜査に取り組む」と声明を発表。

おそらく犯人は同じテキサス州ウエストフィールドに住む誰かだと思われる。

しかし、警察の懸命な捜査でも犯人の身元特定につながるような証拠はおろか、容疑者さえも浮かんでは来なかった…

次のページへ >

© 2021 BQ NEWS