【怖い未解決事件】病院から消えた脱走兵は45年前に殺されていた…?

アメリカ海軍に所属する20歳のロバート・ダニエル・コリボーは、1968年にベトナム戦争から帰還した。

ベトナム戦争の英雄は45年前に殺されていた

勲章を授与されるほど兵士として結果を残したロバートだったが、戦場で多大なストレスを受けた結果、現在で言うPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断され、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海軍病院で閉鎖病棟へ入院することとなった。

戦争の英雄から脱走兵に…

通常なら、外出することもままならない、閉ざされた世界。

にも関わらず、その年の11月18日深夜に、ロバートはベッドの上から忽然と姿を消してしまった。

警察や軍関係者が施設内外を捜索しても、ロバートは発見できず。

母国のために従軍したにも関わらず、海軍はロバートを脱走兵とみなし、長らく生きているのか死んでいるのかすら、誰も知らなかった。

しかし、謎の失踪劇から45年が経った2012年のこと。

ロバートの妹が、過去にフィラデルフィア周辺で発見された身元不明者の遺体の中に兄がいないか、DNA捜査を依頼した。

すると、ここで衝撃的な事実が発覚することになった…

45年前の未解決事件

ベトナム戦争の英雄は45年前に殺されていた

捜査の結果、病院から姿を消したロバートと、1人の身元不明者のDNAが一致した。

だがしかし、その身元不明者が遺体で発見されたのは、ロバートが病院から姿を消した、わずか4時間後…発見場所は病院から50キロも離れた地点だった。

つまり、ロバートは病院から姿を消した直後に、死亡していたことになる。

死因は、心臓を細い刃物で突き刺されたことによる失血死で、頭部には海軍のピーコートが被せられていた。

戦場でのPTSDに悩まされる兵士の中には、自ら死を選ぶ者も少なくない。

だが、ロバートの遺体が発見された周辺には、全く血痕が残されていなかったのだ。

果たしてロバートの死は自殺か?それとも他殺なのか?

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 2

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 4

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

-本当にあった怖い未解決事件
-, ,

© 2020 海外B級ニュース