本当にあった怖い未解決事件

【未解決の謎】リアル不幸の手紙騒動で不倫妻の夫が怪死…差出人の正体は?

1970年代の日本の子供達の間で流行したのが、受け取った人は、文面の指示に従わなければ、不幸になると言われる「不幸の手紙」。

この薄気味悪い都市伝説に、当時の日本の子供達は恐怖したそうだ。

ちょうど同じ頃、アメリカの小さな町でも、一方的に住人達へ送られてくる不幸の手紙が問題になっていた。

未解決の不幸の手紙事件

やがて、この不幸の手紙がきっかけで、町の住人が命を落とす未解決事件に発展する…

リアル不幸の手紙騒動

アメリカのオハイオ州に位置するサークルビルは、犯罪と無縁の平和で小さな町。事件など滅多に起こることがなかった。

しかし1976年…

サークルビルの住民達へ不気味な手紙が届きはじめたことで、平和だった町は不穏な空気に包まれていった…

サークルビルの住民たちへ届けられるようになった不気味な手紙は、どれも差出人は不明。

手書きの文字は独特なブロック体で、意図的に筆跡を隠そうとしていたのだと思われる。

未解決の不幸の手紙事件

文面には、受取人の個人情報や日々の行動が事細かに記されていたうえに「いつも見ている」など、ストーキングをほのめかした。

この不気味な手紙に関する噂はすぐに広がり、当時サークルビルに住んでいた14,000人の住人たちは恐怖した。

中でも、夫と子供を持つ人妻メリー・ギリスピーは、身に迫る恐怖を感じずにはいられなった…

未解決の不幸の手紙事件

人妻の不倫を告発

スクールバスの運転手をしているメリーのもとに届いた、差出人不明の手紙は、彼女が学校の校長と不倫していると告発した。

「お前の事をずっと監視していた。子供がいることも知っている。これは深刻な問題だ」

メリーは手紙が届いたことを誰にも打ち明けることが出来ず、警察にも家族にも職場にも隠し通すことにした。

しかし数日後、今度はメリーの夫ロンが手紙を受け取ってしまった。

「不倫を終わらせるか、お前が死ね」

ロンは妻に手紙の内容を問い詰めたが、メリーは「何も心当たりがない、手紙は意味不明の脅迫だ」と言い逃れた。

未解決の不幸の手紙事件

が、小さな町なので、メリーと校長の不倫の噂もすぐに広まった。

住民たちから向けられる、疑惑の目を無視して平然を装っていたが、メリーを監視する謎の人物からは新たな手紙が届いた…

「あれから2週間経つけど、お前は何もしなかった。不倫の事実を認め、教育委員会へ報告しろ。さもなくば、テレビ放送、街の看板や張り紙を使って、真実を伝えることにする」

おそらく、手紙の差出人は、近所に住むサークルビルの住人の誰か。しかし、メリーは誰かから恨みを買うような心当たりはなかった。

それから手紙はパッタリ届かなくなったが、今度は別の事件が発生する…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖い未解決事件
-

© 2022 海外B級ニュース