本当にあった怖い未解決事件

【未解決失踪事件】600人の村人全てが一斉に姿を消した!?残された痕跡が怖すぎる…

ある日突然、人が失踪することは珍しくない。一度に複数の人が、姿を消すこともある。

しかし、1923年にブラジルで発生した失踪事件は、あまりに不可解で、今でも全てが謎に包まれている。

なんと、ある村で生活していた600人の住人が、一斉に姿を消してしまったのだ…

600人の村人が大量失踪事件

未解決大量失踪事件「600人の住人が消えた村」

これは1923年にブラジルで発生した、不可解な大規模失踪事件の顛末…

ブラジル国内を旅していた若者のグループが、食料と水、寝床を求めて、ホーアベルデという村に立ち寄ることにした。

600人の村人が大量失踪事件

が、すぐに若者たちは異変に気づいた。

ホーアベルデ村には、全く人の気配がないのだ。

生活音も話し声も聞こえてこない。家畜やペットすら見当たらない。

とりあえず、若者たちは数軒の民家の中に入ってみた。

どの家も、家具などはそのまま残っていて、洗濯物も干したまま。食卓の上には食器が並んでいるけれど、盛られた料理はすでに腐っていた。

おそらく数日前まで、村人が生活していたようだけれど、突然この世から消えてしまったようだった…

徐々に恐ろしくなった旅人たちは、急いで村から抜け出した。そして、最寄りの集落に到着すると、自分たちが見てきた誰もいない村について地元当局に通報した…

黒板に残された不気味な告白

通報を受けて、地元政府の関係者と護衛の軍人が、ホーアベルデ村の調査に向かった。

村には600人の住人が住んでいることになっていたけれど、確かに誰もいない。

各家を調べてみても、誰かと争ったような形跡は見られず、どこかへ引っ越したようにも思えない。

一行は村の子供たちが通っていた学校を訪れると、教室の黒板に書き残された一文を発見した。

「夢も希望もない…」

村人たちは何か問題を抱えていたのだろうか?

600人失踪の理由は全く明らかにならなかったけれど、それ以上、この件が捜査されることは無かった。

数日のうちに、ブラジル政府がホーアベルデ村の調査打ち切りを指示したからだ…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

海外の怖い話まとめ 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

-本当にあった怖い未解決事件
-

© 2022 海外B級ニュース