【未解決事件】失踪した青年の白骨死体を廃墟の煙突で発見…怖すぎる謎の数々

これまでにも色々な海外の未解決事件を紹介してきたが、アメリカのコロラド州で発生した「18歳の青年の死」は、公には解決されたことになっていて、捜査は行われていない。

しかし、彼の死は多くの謎に包まれていて、偶然では片付けられない事件性を帯びている…

失踪した青年を煙突の中から発見

煙突から白骨で発見された失踪者の謎

2008年5月8日…

18歳のジョシュア・マドックスが、コロラド州ウッドランドパークの自宅から姿を消した姿を消した。

ジョシュアは妹に「散歩へ行ってくる」と伝えて外出したまま、二度と戻ってこなかったのだ。

家族の証言によれば、ジョシュアは明るくて頭も良く、家出や自殺を計画するとは思えないと言う。

消えた青年の行方を追って警察は広域捜査を展開したが、彼の足取りは全くつかめなかった。

2015年8月6日…

煙突から白骨で発見された失踪者の謎

その日、10年ほど使用されず放置されていた山小屋の解体が行われた。

作業員たちは、山小屋の煙突部分から壊し始めたのだが、その際に煙突の内部から有り得ないものが発見された。

それは人間の白骨死体。

解体作業は中止され、警察が白骨死体の身元特定を進めたところ、衣服などから該当する人物が浮かび上がった。

それが、現場の山小屋から1マイル(約1.6km)離れ自宅に住んでいて、7年前に忽然と姿を消したジョシュア・マドックスだったのだ。

なぜ、18歳の青年は誰も使っていない山小屋の煙突の中で、白骨化していたのか?

現場からは不審な点の数々が浮かび上がってきた…

偶然の事故か?他殺か?

この事件で最も不審な点は、ジョシュア・マドックスが煙突の中から発見された時の体勢。

ジョシュアの白骨は、頭を下、足を上にした状態で発見されている。

もし、煙突から室内に侵入するのなら、まずは足から入っていくのが自然だ。

小さな山小屋の煙突は、一人入るのがやっとの狭さなので、中で大勢を変えるのは難しい。

このポイントから、ある疑惑が浮かび上がる。

ジョシュアは何者かによって、煙突の中に頭から放り込まれたのではないか?

さらに、小屋の中からはジョシュアが家を出る時に着ていたズボンやジャケットも発見されている。

これらは、煙突の真下ではなく、より内側に放置されていたので、煙突の上から放り込むことは不可能。

考えられる可能性として、ジョシュアは一度、山小屋の中に入って、何らかの理由で服を脱いだのではないだろうか?

そうなると今度は、一度、山小屋の中に入ったのだから、煙突内での死が更に不自然に感じる…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-本当にあった怖い未解決事件
-

© 2020 海外B級ニュース