18歳の失踪者を7年後に廃墟の煙突から白骨死体で発見…謎の数々が怖すぎる

18歳の失踪者を7年後に廃墟の煙突から白骨死体で発見…謎の数々が怖すぎる

これまでにも色々な海外の未解決事件を紹介してきたが、アメリカのコロラド州で発生した「18歳の青年の死」は、公には解決されたことになっていて、捜査は行われていない。

しかし、彼の死は多くの謎に包まれていて、偶然では片付けられない事件性を帯びている…

失踪した青年を煙突の中から発見

煙突から白骨で発見された失踪者の謎

2008年5月8日…

18歳のジョシュア・マドックスが、コラド州ウッドランドパークの自宅から姿を消した姿を消した。

ジョシュアは妹に「散歩へ行ってくる」と伝えて外出したまま、二度と戻ってこなかったのだ。

家族の証言によれば、ジョシュアは明るくて頭も良く、家出や自殺を計画するとは思えないと言う。

消えた青年の行方を追って警察は広域捜査を展開したが、彼の足取りは全くつかめなかった。

 

2015年8月6日…

煙突から白骨で発見された失踪者の謎

その日、10年ほど使用されず放置されていた山小屋の解体が行われた。

作業員たちは、山小屋の煙突部分から壊し始めたのだが、その際に煙突の内部から有り得ないものが発見された。

それは人間の白骨死体。

解体作業は中止され、警察が白骨死体の身元特定を進めたところ、衣服などから該当する人物が浮かび上がった。

それが、現場の山小屋から1マイル(約1.6km)離れ自宅に住んでいて、7年前に忽然と姿を消したジョシュア・マドックスだったのだ。

なぜ、18歳の青年は誰も使っていない山小屋の煙突の中で、白骨化していたのか?

現場からは不審な点の数々が浮かび上がってきた…

本当にあった怖い未解決事件カテゴリの最新記事