殺人鬼ゾディアックと瓜二つ…自殺した謎の老人は未解決事件の真犯人なのか?

2002年7月30日、オハイオ州イーストレイクに住んでいた76歳のジョセフ・ニュートン・チャンドラーが遺体で発見された。

自殺した謎の老人は未解決事件の殺人鬼ゾディアックなのか

死因は自殺。

小さなアパートの浴槽で、老人は拳銃を自分の頭に向けて引き金を引き、人生の幕を下ろした。

すでに死後1週間が経過していたために、指紋を採取することは出来ず、近しい人の連絡先なども一切発見されなかった。

それでも、一人暮らしだったジョセフの自殺を近親者に知らせようと、警察が戸籍情報などを調べると、驚くべき事実が発覚した。

亡くなった人物は、戸籍上のジョセフ・ニュートン・チャンドラーとは全くの別人だったのだ。

他人と入れ替わった謎の老人

調査の結果、本物のジョセフ・ニュートン・チャンドラーは、1945年にテキサス州で交通事故に遭遇し、8歳で他界していたことが明らかになった。

自殺した老人は何らかの方法で、既に死亡していたジョセフ・ニュートン・チャンドラーの戸籍を入手し、何食わぬ顔で生活していたのだ。

一体、この老人は何者なのか?

気になる点と言えば、小さい安アパートに住んでいた老人の銀行口座には8万ドルもの預金が残されていた。

自殺した謎の老人は未解決事件の殺人鬼ゾディアックなのか

「もしかすると、この老人は何らかの事件、例えば銀行強盗などに関与して、逃亡生活を送っていたのではないか?」

「いや、ナチスに所属していた戦争犯罪人じゃないか?」

警察内部でも、身元不明の老人に関する不穏な噂が流れていたが、手がかりとなるものが不自然なほど全く残されていなかったので捜査は難航。

しかし、遺体からDNAを解析して膨大なデータベースと照らし合わせた結果、自殺から16年後の2018年に老人の本物の息子にたどり着いたのだが…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース