未解決の謎「ゾディアック事件」を学習したAI人工知能が「不気味な詩」を吐き出す

未解決の謎「ゾディアック事件」を学習したAI人工知能が「不気味な詩」を吐き出す

人類犯罪史上の中でも、最も猟奇的で謎めいた未解決事件の一つ「ゾディアック事件」

今から、およそ50年前…

1968年から1974年にかけて、アメリカのサンフランシスコで少なくとも5名が殺害された連続殺人事件で、犯人が「ゾディアック」と名乗り警察や新聞社に犯行声明と暗号を次々に送りつけた。

Embed from Getty Images

この一連の事件の犯人は発見されず、正体不明のシリアルキラーは世間を震撼させた…

2007年にはデヴィッド・フィンチャー監督によって映画化もされ、今でも犯人探しが継続されている。

このゾディアック事件の捜査に、新たな技術が投入された。

 

人工知能がシリアルキラーを学習

未解決のゾディアック事件で、真犯人に繋がる手掛かりを調査するため「AI・人工知能」が捜査に乗り出した。

人工知能と言語学を専門に研究している南カリフォルニア大学のケヴェン・ナイト教授によってプログラムされたCARMELは、ゾディアックが送りつけた暗号やシンボルマークを分析し、そこからゾディアックの思考パターンに則り、詩を作成する事が出来る。

CARAMELには、これまでに明らかになっている事件や容疑者に関する情報が全て与えられ、真犯人に繋がる新たなヒントを導き出すことに期待がかかった。

Zodiac-killer.jpg
By US Law Enforcement

しかし…

ゾディアック事件を分析したCARMELは、あまりにも不気味な詩を吐き出し始めた。

怖い海外ニュース速報カテゴリの最新記事