意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

ガチで本当にあった怖い話

未解決「ゾディアック事件」を学習したAI人工知能が「不気味な詩」を吐き出す

更新日:

人類犯罪史上の中でも、最も猟奇的で謎めいた未解決事件の一つ「ゾディアック事件」

今から、およそ50年前…

1968年から1974年にかけて、アメリカのサンフランシスコで少なくとも5名が殺害された連続殺人事件で、犯人が「ゾディアック」と名乗り警察や新聞社に犯行声明と暗号を次々に送りつけた。

この一連の事件の犯人は発見されず、正体不明のシリアルキラーは世間を震撼させた…

2007年にはデヴィッド・フィンチャー監督によって映画化もされ、今でも犯人探しが継続されている。

このゾディアック事件の捜査に、新たな技術が投入された。

人工知能がシリアルキラーを学習

未解決のゾディアック事件で、真犯人に繋がる手掛かりを調査するため「AI・人工知能」が捜査に乗り出した。

人工知能と言語学を専門に研究している南カリフォルニア大学のケヴェン・ナイト教授によってプログラムされたCARMELは、ゾディアックが送りつけた暗号やシンボルマークを分析し、そこからゾディアックの思考パターンに則り、詩を作成する事が出来る。

CARAMELには、これまでに明らかになっている事件や容疑者に関する情報が全て与えられ、真犯人に繋がる新たなヒントを導き出すことに期待がかかった。

しかし…

ゾディアック事件を分析したCARMELは、あまりにも不気味な詩を吐き出し始めた。

人工知能の不気味な詩

ゾディアックの思考を分析した人工知能CARMELは、次のような詩を綴った…

タクシー乗車と脱獄…

残忍な殺人による孤独と怒り…

人工の池に囲まれ…

殺人犯は決して有罪にはならない…

また、別のポエムでは…

事件に囲まれ…

泥棒の仕業…

主人によって混乱し、傷つけられ、毒に侵される…

哀れな計画は混乱と盲目を生み…

恐ろしい誹謗中傷は混乱と盲目を生む…

CARMELが本当にゾディアックの思考に近付いているなら、真犯人は「憤り」「悲しみ」「怒り」など抱えきれないほどの負の感情を抱き、意図的に社会を混乱に導いたのでは、ないだろうか?

Zodiac Killer

ゾディアックは、送りつけた暗号の中には本当の名前が隠されていると主張しているが、これまでに多くの専門家が知恵を絞っても、明らかにすることはできなかった。

CARMELによって、犯罪史上に残るミステリーは解決されるのか?

それとも、人工知能もゾディアックの毒に侵されてしまうのか?

Source

関連記事:すべて謎だらけ…本当にあった未解決事件まとめ

関連記事:超閲覧注意な海外の怖い話まとめ

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

海外で話題の最新B級ガジェット 3

海外で販売されているオモシロ最新ガジェットをズンズン紹介してます!!! もはやガジェットではない商品も含まれていますが、 ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

本当に怖い都市伝説 5

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエピソ ...

-ガチで本当にあった怖い話
-, ,

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.