ストーカー事件で最悪の結末…失踪したシングルマザーを監視していた謎の男

怖すぎるストーカー未解決事件

Photo|newspaperarchive.com

1980年…

カリフォルニア州に住む32歳のシングルマザー、ドロシー・スコットはストーカーの影に怯えていた。

素性の分からない男性が職場に電話をかけてきて、一方的に「自分がどれほど愛しているか」「いつも行動を監視している」と自分勝手な思いを伝え、電話を切った。

4歳の息子を守るためにも、ドロシーは空手を習い拳銃を購入したのだが…

怖い未解決事件 匿名ストーカーの恐怖

1980年5月28日の夜。

この時、ドロシーは蜘蛛に噛まれた会社の同僚に付き添って、病院を訪れていた。

同僚が診察を終え薬を貰っている間に、ドロシーは一人で駐車場へ車をとりに出かけた。

しかし…

その直後、同僚はドロシーの車が猛スピードで駐車場から走り去るのを目撃する。

すでに辺りは暗かったが車はライトをつけていなかったので、誰が運転しているのか確認できなかったそうだ。

数時間後、病院から15kmほど離れた人気のない路地で、炎上しているドロシーの車が発見された。

が、そこに彼女の姿はなく、全く行方がわからなくなってしまった。

そしてドロシーの失踪から1週間後に、正体不明の男性から1本の電話が…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース