【怖い未解決事件】匿名ストーカーの重すぎる愛とシングルマザー失踪事件

【怖い未解決事件】匿名ストーカーの重すぎる愛とシングルマザー失踪事件

シェアシェアー

怖すぎるストーカー未解決事件

Photo|newspaperarchive.com

1980年…

カリフォルニア州に住む32歳のシングルマザー、ドロシー・スコットはストーカーの影に怯えていた。

素性の分からない男性が職場に電話をかけてきて、一方的に「自分がどれほど愛しているか」「いつも行動を監視している」と自分勝手な思いを伝え、電話を切った。

4歳の息子を守るためにも、ドロシーは空手を習い、拳銃を購入した。

スポンサーリンク

1980年5月28日の夜。

この時、ドロシーは蜘蛛に噛まれた会社の同僚に付き添って、病院を訪れていた。

同僚が診察を終え、薬を貰っている間に、ドロシーは一人で駐車場へ車をとりに出かけた。

しかし…

その直後、同僚はドロシーの車が猛スピードで駐車場から走り去るのを目撃する。

すでに辺りは暗かったが、車は無灯火だったので、誰が運転しているのか確認できなかったそうだ。

数時間後、病院から15kmほど離れた人気のない路地で、炎上しているドロシーの車が発見された。

が、そこに彼女の姿はなく、全く行方がわからなくなってしまった…

ドロシーが失踪して1週間後、彼女の母親のもとに見知らぬ男から1本の電話がかかってきた。

「あなたはドロシー・スコットの家族ですか?」

「そうです」

「彼女は私と一緒にいます」

それだけ伝えると、電話は一方的に切られてしまう。

その後、同様の不審な男からの電話は、決まって毎週水曜日に母親が在宅している時にかかってきた。

警察も逆探知を試みたが、通話時間が短く失敗に終わる。

1980年6月、地元の新聞社に匿名の男性から電話があり、一般に公開されていないドロシー失踪事件の情報を明かした上で「私はドロシー・スコットを殺しました。彼女は私の最愛の女性でした」と告白した。

全く姿を見せない謎の男に繋がる手掛かりもなく、ドロシー失踪事件の捜査は暗礁に乗り上げる…

1984年…

ドロシーの失踪から4年後の8月に、雑木林から白骨化した遺体の一部が発見された。

所持品などから、遺体は失踪中のドロシー・スコットだと特定。

その1週間後、再びドロシーの母親が暮らす家の電話が鳴った。

「ドロシーはいますか?」

スポンサーリンク

Source

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決のまま捜...
いいね
ただ面白いだけの情報サイト「海外B級ニュース」をいいねして最新のB級ニュースをチェックチェック!