本当にあった「ストーカー事件」の怖い話まとめ…愛情と殺意は紙一重

第1話「ハリウッド女優に魅了された異常者」

ストーカー事件の被害者テレサ・サルダナ

ハリウッド女優のテレサ・サルダナは、マーティン・スコセッシ監督映画「レイジング・ブル」やロバート・ゼメキス監督映画「抱きしめたい」などのヒット作への出演で知られている。

1980年に公開されたアクション映画「摩天楼ブルース」で、テレサはヒロイン役を演じているが、この作品が、ある男を魅了してしまった…

異常者の追跡

アーサー・リチャード・ジャクソン46歳。

アーサーはイギリスのスコットランド出身で、世界中を渡り歩いた末に、アメリカに不法入国した。

「摩天楼ブルース」でテレサに夢中になったアーサーは、こう考えた。

「テレサを殺して自分は死刑に処されよう。そして、死後に彼女と再会すればいい」

ハリウッド女優の悪質ストーカー

Photo|express

愛しいテレサを探すため、まずアーサーは私立探偵を雇って、テレサの母親の電話番号を調べさせた。

電話番号を手に入れたアーサーは「テレサに映画の出演を依頼したいから連絡先を教えて欲しい」とマーティン・スコセッシ監督のアシスタントに成りすまして母親を騙し、テレサが暮らしているハリウッドの自宅住所を聞き出した。

すぐにアーサーはハリウッドへ向かい、テレサが現れるのを待った。

異常者の凶行

1982年3月15日…

何も知らず自宅から出てきたテレサは、突然目の前に現れた顔も知らない男から、刃渡り14cmのナイフでめった刺しにされてしまったのだった。

唯一の救いは、近くのアパートで騒ぎを聞きつけた郵便配達員のジェフリー・フェンが、テレサに襲いかかるアーサーを取り押さえたこと。

テレサは12ヶ所を刺される重症を負ったものの、その後の治療で一命をとりとめた。

逮捕された狂人ストーカーのアーサーには、殺人未遂により懲役12年の判決が下された。

しかし、アーサーは自分の罪を反省することなく、刑務所の中からテレサに脅迫状を送り続け、最終的に別件の殺人事件の容疑でイギリスへ引き渡されることになった。

その後、女優として復帰したテレサは、自身のストーカー殺人未遂事件をテレビでドラマ化し本人役で登場した。

Source

こんな怖い犯罪エピソードも…

[blogcard url="https://bq-news.com/unsolved_murder"]

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-, ,

© 2020 BQ NEWS