意識低い系情報サイト

海外B級ニュース

本当にあった怖いニュース

家畜の連続怪死事件は太陽光発電が原因?フランスの畜産農家が疑惑を調査した結果

更新日:

フランスのブルターニュ地方コートダモールで畜産農家を営むパトリック・ル・ネフト氏は、現在、深刻な経営危機に瀕している。

と言うのも、数年前から飼育している牛たちの間で原因不明の突然死が頻発しているからだ。

 

牛の連続怪死事件と太陽光発電

家畜の連続怪死事件は太陽光発電が原因なのか

「5年ほど前から、急に牛の体重が減り始めて、これまでに120頭が死んでしまいました。病気の兆候は見られないため、獣医でさえ原因が分からず、対処法さえ掴めていません」

牛の怪死と言うと、宇宙人によるキャトルミューティレーションや家畜の血を吸うUMAチュパカブラなどを連想する人もいるだろうけれど、パトリック氏が疑いの目を向けているのは、牧場の近くに設置されている太陽光発電のソーラーパネル。

パトリック氏が独自に調査したところ、牧場周辺に太陽光発電のソーラーパネルが設置された時期と、牛の怪死が始まった時期が一致。

さらに、牧場の地面や水に、動物の許容量の3倍を超える1ボルト以上の電流が流れていることが判明した。

太陽光発電によって生み出された電流が地中に伝わり、絶えず微弱な電流が牧場の牛たちに流れていることが、怪死の原因となっているのではないかと推測したのだ。

相次ぐ家畜の怪死と電力の因果関係

相次ぐ牛の怪死は、パトリック氏の牧場に限ったことではない。

約30km離れた別の牧場でも、数年前から多くの牛が原因不明の死を遂げていた。

数年前のこと、わずか6ヶ月の間にステファン・ル・ブレック氏の飼育していた37頭の牛が次々死んでしまった。

「もうパニックです…。前日まで元気の良かった子牛が、翌日には足を引きずって、しばらくすると死んでしまうのです」

ステファン氏も獣医などに相談するが原因を特定できず、これまでに200頭もの牛が死んでしまった。

そんなステファン氏も、牧場近くに設置されている風力発電や変圧器が関係していると考えているが、確たる証拠があるわけではないので、現時点では憶測でしか無い。

環境に配慮したエコロジーな発電は、全く別の危険性を孕んでいるのかもしれない…

こんな怖い話も…

関連記事:ガチで怖い本当にあった未解決事件まとめ

関連記事:海外で語り継がれる有名都市伝説10話

Source

みんな読んでる人気の記事

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

本当に怖い都市伝説 2

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 3

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

不気味な失踪事件 4

ある日突然、人が姿を消す。 まるでドラマや映画のような失踪事件が世界中で報道されている。 捜索の結果、失踪者が見つかるこ ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 5

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 6

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

本当に怖い恐怖症の世界 7

たぶん… 何のためらいもなくバンジージャンプを飛べてしまう人に「高所恐怖症の恐ろしさ」を共感してもらうのは難しいんじゃな ...

動物動画ニュースまとめ 8

海外のニュースで話題になった最新の動物系動画を更新中!!! ゴージャスなジャンプ オーストラリアのメルボルンに華麗なジャ ...

-本当にあった怖いニュース
-

Copyright© 海外B級ニュース , 2019 All Rights Reserved.