有名小説家に死刑判決!23年前の未解決殺人事件がDNA捜査で解決

1995年11月29日、中国の浙江省湖州市にあった家族経営の旅館で、老夫婦と孫、宿泊客の計4人が鈍器や刃物で殺害された。

現場となった旅館には監視カメラはなく目撃者もいなかったので、事件の捜査は難航。

中国の有名小説家に死刑判決
Photo|dailymail

犯人につながる唯一の手がかりは、現場に残されていた煙草の吸殻だけだった。

捜査は継続されたが長い間、事件は未解決のままだった…

中国の未解決事件

しかし年月と共に中国警察の捜査技術も発展。

2017年に現場へ残されていた煙草の吸殻からDNAからを検出し、犯人を絞り込む科学捜査が実行された。

警察は犯人のDNA情報とデータベースに登録されている6万人のDNA情報を照合。

すると一人の男が容疑者として浮上した。

安徽省(あんきしょう)在住の小説家リュウ・エイヒョウだ。

過去に出版した犯罪小説が文学賞を受賞したこともある著名な小説家だが、犯人のDNAとリュウ・エイヒョウの親族のDNAが部分的に一致。

中国の有名小説家に死刑判決
Photo|dailymail

警察がリュウ容疑者にDNAの提出を求めて再検査すると、23年前の殺人事件現場に遺されていた煙草の吸殻のDNAと完全に一致したのだ。

すぐに警察はリュウ容疑者を逮捕。

リュウ・エイヒョウは容疑を否認することなく過去の罪を素直に認め、裁判でさばきを受けることになった。

そして、これまで謎だった犯行理由なども明らかになっていった…