【研究】インスタグラムでうつ病診断!写真の傾向で精神状態チェック

シェアシェアー

海外で7億人以上、日本でも1600万人が利用しているインスタグラムでは、直接の知り合いではない人の日常やライフスタイルを写真を通して知ることが出来ます。

Webster2703 / Pixabay

フェイスブックやツイッターとは異なり、インスタグラムは文章ではなく写真でのコミュニケーションが中心。

そのため、インスタグラムにアップされる写真には「撮影した人の心理状態が強く反映されている」そうなんです。
[ad#co-1]

スポンサーリンク

インスタグラム分析でうつ病診断

Free-Photos / Pixabay

アメリカの名門バーモント大学で、インスタグラムの写真とユーザーの精神状態に関する研究が行われました。

なんでも、研究チームが開発したコンピューターのプログラムでインスタグラムにアップされた写真を分析すると、高確率で「うつ病の傾向」を見抜くことに成功したそうです。

「ソーシャルメディアでは、写真をシェアする行為がますます増えています。
コンピューターのアルゴリズムによって、SNSユーザーが投稿した写真から、うつ病の傾向を特定して早期に警告できるシステムの可能性はとても大きい。
例えば、スマホにインストールしておけば、撮影した写真の傾向を分析して、精神状態が悪化した恐れのある時に医師の検査を促すアプリの開発なども可能になるでしょう」

研究グループの責任者クリストファー・ダンフォース博士が仰るように、このようなシステムが一般的になれば、精神医療の分野に革命を起こすことになるやもしれません。

クリストファー博士たちが行った実験では、166人のインスタグラムユーザーが投稿した43,950枚の写真を分析。

すると、70%の確率でうつの兆候があるユーザーを特定できたそうで、精神科医が実際に患者を診断したケースよりも正確さで上回ったとか。

Anemone123 / Pixabay

うつ病患者の支援を行っているクロエ・グラス-オーキンさんは、バーモント大学の研究成果を次のように分析します。

「多くの人たちにとって、ソーシャルメディアは生活の一部となっています。
メンタル的なサポートを可能にする、新しいプラットフォームの誕生には大きな可能性を感じます。
もしメンタルを病んでしまった場合は、友人や医者に相談するのが何よりも大切です。
そして、早期に適切な対応策を見つける必要があります」

とのことで、ゆくゆくはSNSのサービスに「うつ通知機能」が採用されるかもしれないですね。

さらに、うつ病の傾向がある人のインスタグラムには、次のような特徴があるとか…
[ad#co-1]

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー