切り裂きジャック事件の真犯人は有名画家?8億円自腹で小説家が独自調査

世界の犯罪史で、最も有名かつミステリアスな殺人鬼「切り裂きジャック」

Drawing of a blind-folded policeman with arms outstretched in the midst of a bunch of ragamuffin ruffians

1888年のロンドンで、約2ヶ月の間に5人の女性を殺害し姿を消した犯人は、世界で最初のシリアルキラーとされ、数々の小説や映画のモチーフにもなった。

果たして、切り裂きジャックの正体は誰だったのか?

当時のロンドンにいた医師、教師、政治家、弁護士など多くの名前が容疑者として上がったがあがったが、真相は明らかになっていない。

ところが事件発生から129年が経過した2017年。

ミステリー小説のベストセラー作家パトリシア・コーンウェルは切り裂きジャックの真犯人に迫る著書を出版した。

切り裂きジャックの正体は有名画家!?


女流作家パトリシア・コーンウェルは自腹で8億円以上の調査費用をつぎ込み、長期間に渡って切り裂きジャック事件を徹底的に調査。

その結果、彼女が犯人だと確信したのは、事件当時のロンドンで創作活動していた印象派の画家ウォルター・シッカートだった。

Walter Sickert photo by George Charles Beresford 1911 (1).jpg

パトリシアが最初にウォルター・シッカート犯人説を唱えたのは2002年。

日本でも翻訳本が出ている「真相”切り裂きジャック”は誰なのか?」の中で、ウォルター・シッカートを犯人だと名指しした。

ただし、この時はパトリシアの「シッカート犯人説」は物的証拠に乏しいと指摘され、批判する声も多く、美術界からの反発もくらった。

そこからさらに調査を進め、今年新たに出版された著書の中では、シッカートが切り裂きジャックであるという、新たな証拠も突き止めたそうだ。

「私は大金を使って事件や犯罪捜査の専門家たちを雇い、調査を行ってきました。もし私の出した結論が間違っていると言う人がいるなら、ぜひ証明して欲しい」

切り裂きジャック事件は「少なくとも5人の女性が殺害された」と言われてきたが、パトリシアによれば、ウォルター・シッカートが殺めた被害者は15人にのぼると言う。

パトリシアが、切り裂きジャックの正体だと指摘するウォルター・シッカートは、1860年にドイツのミュンヘンで生まれ、その後イギリスに移住。

シッカートが暮らしていた当時のロンドンで切り裂きジャックが暗躍した。

両者が同一人物であることを裏付ける根拠として、パトリシアは次の5つのポイントを指摘している…

次のページへ >

みんな読んでる人気の記事

オススメのサイコパスホラー映画 1

自分の身の周りにいたら…と考えるとゾッとしますが、映画の中に登場するサイコパスは、最凶の悪役として物語を盛り上げてくれま ...

閲覧注意の海外の怖い話 2

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全39話は、読み終 ...

世にも奇妙な恐怖症 3

周りに共感してもらえない、珍しい恐怖症に苦しんでいる人達がいます。 中には、自分の持つ恐怖症を隠しながら生活して、大きな ...

本当に怖い都市伝説 4

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

閲覧注意海外未解決事件 5

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

有名人がファンから貰った怖いプレゼントの話 6

俳優やモデル、ミュージシャンとして成功すのは、良い事ばかりじゃない。 応援してくれるファンの中には、愛情が暴走して、とん ...

UFO動画まとめ 7

かつてアメリカ国防総省に努めていて、現在はUFOや宇宙人に関する研究者へ転身したニック・ホープさん。 そんな彼が、明らか ...

-閲覧注意の怖い話まとめ
-, ,

Copyright© BQ NEWS , 2020 All Rights Reserved.