8億円自腹で「切り裂きジャックの正体」を調査!真犯人は有名画家?

シェアシェアー

世界の犯罪史で、最も有名かつミステリアスな殺人鬼「切り裂きジャック」

Drawing of a blind-folded policeman with arms outstretched in the midst of a bunch of ragamuffin ruffians
By John Tenniel – original: Punch, 22nd September 1888, page 134., Public Domain, Link

1888年のロンドンで、約2ヶ月の間に5人の女性を殺害し姿を消した犯人は、世界で最初のシリアルキラーとされ、数々の小説や映画のモチーフにもなった。

果たして、切り裂きジャックの正体は誰だったのか?

当時のロンドンにいた医師、教師、政治家、弁護士など多くの名前が容疑者として上がったがあがったが、真相は明らかになっていない。

ところが事件発生から129年が経過した2017年。

ミステリー小説のベストセラー作家パトリシア・コーンウェルは切り裂きジャックの真犯人に迫る著書を出版した。
[ad#co-1]

スポンサーリンク

切り裂きジャックの正体は有名画家!?


女流作家パトリシア・コーンウェルは自腹で8億円以上の調査費用をつぎ込み、長期間に渡って切り裂きジャック事件を徹底的に調査。

その結果、彼女が犯人だと確信したのは、事件当時のロンドンで創作活動していた印象派の画家ウォルター・シッカートだった。

Walter Sickert photo by George Charles Beresford 1911 (1).jpg
By George Charles Beresford

パトリシアが最初にウォルター・シッカート犯人説を唱えたのは2002年。

日本でも翻訳本が出ている「真相”切り裂きジャック”は誰なのか?」の中で、ウォルター・シッカートを犯人だと名指しした。

ただし、この時はパトリシアの「シッカート犯人説」は物的証拠に乏しいと指摘され、批判する声も多く、美術界からの反発もくらった。

そこからさらに調査を進め、今年新たに出版された著書の中では、シッカートが切り裂きジャックであるという、新たな証拠も突き止めたそうだ。

私は大金を使って事件や犯罪捜査の専門家たちを雇い、調査を行ってきました。

もし私の出した結論が間違っていると言う人がいるなら、ぜひ証明して欲しい。

切り裂きジャック事件は「少なくとも5人の女性が殺害された」と言われてきたが、パトリシアによれば、ウォルター・シッカートが殺めた被害者は15人にのぼると言う。

パトリシアが、切り裂きジャックの正体だと指摘するウォルター・シッカートは、1860年にドイツのミュンヘンで生まれ、その後イギリスに移住。

シッカートが暮らしていた当時のロンドンで切り裂きジャックが暗躍した。

両者が同一人物であることを裏付ける根拠として、パトリシアは次の5つのポイントを指摘している…
[ad#co-1]

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー