【実話】宝くじの怖い話…高額当選で地獄に落ちた不幸な10人まとめ

シェアシェアー

Hermann / Pixabay

宝くじを当てて大金持ちになることを夢見てるい人も多いでしょう。

しかし、大金を手にしたからって、必ずしも幸せになれるわけではないようです。

むしろ、世界には大金が災いして人生のドン底に突き落とされてしまった人も少なくないようで…

スポンサーリンク

1)優しさに付け込まれた男

Maklay62 / Pixabay

エイブラハム・シェイクスピアは、困っている人には手を差し伸べる心優しい男だった。

そんな彼は宝くじで3000万ドルに当選し、一括払いで1700万ドルを受け取り「自分は大金を手にしても変わらない」と宣言。

しかし、心優しいエイブラハムの所には人が集まり、口々に自分の苦労話を彼に語って聞かせた。

人を疑わないエイブラハムは、気前よく自称困っている人たちに寄付をし、宝くじで手にした当選金はみるみる減っていった。

ある日、エイブラハムはドリス・ムーアという女性と出会う。

彼女は、エイブラハムの優しさにつけ込んで、預金の管理を申し出て、彼の預金を使い込み始めた。

高級車の購入や旅行で、あっという間に100万ドル以上が溶けていった。

それだけでは終わらず、ドリスはエイブラハムの持つ預金を全て手に入れようと画策して彼を射殺。

遺体を埋めて証拠隠滅を計り、周囲には「エイブラハムは街を出てしまった」と嘘をついた。

ドリスはエイブラハムが生きてるように偽装工作するため、彼の息子にプレゼントを送ったり、母親には声の似た男性を雇い、偽の電話をかけた。

しかし、不審に思ったエイブラハムの家族が警察に相談して身辺を捜査すると、彼の遺体が発見されドリスは逮捕。

強欲なドリス・ムーアには終身刑が宣告された。

2)当選祝いのディナーで…

neshom / Pixabay

宝くじで100万ドルに当選したウルージュ・カーンは、税金を差し引いて42万5000ドルを手にした。

彼は受け取ったお金を自分のビジネスに投資したり、小児病院へ寄付するつもりだった。

小切手を受け取り、記者会見へ出席した後に、ウルージュは妻、娘、義理の父と一緒に外食へ出かけた。

食後に気分が悪くなったウルージュは早めに就寝したが、苦しさで目を覚ますと、倒れてしまう。

すぐに病院へ搬送されたが、ウルージュは翌日に亡くなってしまった。

死因は心臓の血管の異常によるもので、不審な点はないとみなされ解剖は行われなかった。

しかし、ウルージュの兄弟は、あまりにも突然の死に疑問を抱き、検視官に詳細な調査を依頼。

すると、ウルージュの遺体からは毒物のシアン化合物が検出された。

警察は殺人事件として捜査したが、犯人が誰なのか突き止めることは出来なかった…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー