心霊現象頻発…名作ホラー映画「シャイニング」元ネタの恐怖ホテル

シェアシェアー

アメリカ合衆国コロラド州に広がるロッキー山脈の麓に位置する、真っ白な壁と真っ赤な屋根が印象的なリゾートホテル。

冬場は辺り一面が雪で覆われてしまう、この「スタンレーホテル」…

実は、昔から「引くほど幽霊が出る…」と評判の怪奇現象頻発ホテルなんです…

スポンサーリンク

ほんとにあった怖い話

国内外から心霊現象研究家も多く訪れるスタンレーホテル。

中でも幽霊な怪奇エピソードは…

・ホテル4階の廊下には一人で遊ぶ子供の幽霊が…

・428号室には、首を吊って亡くなったカウボーイの幽霊が…

・401号室には、かつて、この土地の所有者で1926年に亡くなった男性の霊が…

このように、幽霊が出ると評判の部屋は宿泊希望者が多く予約が困難なんだそうです。

そして、142部屋あるスタンレーホテルで「最も予約の難しい」部屋が217号室。

この部屋には昔からウィルソン婦人と呼ばれるメイドの幽霊が出現すると言われ、目撃者も多数。

さらに、この部屋に宿泊希望者が殺到する大きな理由。

Stephen King, Comicon.jpg
By “Pinguino” – “Pinguino’s” flickr account, CC BY 2.0, Link

それは、かつてこの部屋で、ホラー映画の名作「シャイニング」の原作小説を作者のスティーブン・キングが執筆したからなんです…

スポンサーリンク

シェアシェアー

フォロフォロー