【新種発見】天敵をゾンビ奴隷化する特殊能力持った蜂がアマゾンにいた

【新種発見】天敵をゾンビ奴隷化する特殊能力持った蜂がアマゾンにいた

かなり可能性は低いと思われるが、ゾンビにはなりたくない。

自我をなくした状態で人肉を求めて「うぅ…」「あぁ…」とか言いながらウロウロした挙げ句、ショットガンで脳味噌をふっ飛ばされるような最後は、出来るだけ避けたい。

「ウォーキング・デッドに影響されすぎw」

などと後ろ指を指す人もいるかもしれないが、これが全く有り得ない話でもない。

と言うのも、南米のアマゾンでは、天敵となる昆虫をゾンビ化してしまう特殊能力を持った新種の蜂が発見されたからだ。

 

天敵をゾンビ化する新種の蜂

カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の研究チームが、南米エクアドルのアマゾンで「新種の蜂」を発見したと発表した。

天敵をゾンビ奴隷化する新種の蜂
Photo|TheSun

「新種の蜂は、美しくエレガントな外見ですが、生態はとても残酷です」

研究チームのサマンサ・ストラウス氏が「残酷」と言い切る新種の蜂は、まるでロールプレイングゲームに出てくるモンスターのような、特殊能力を持っていることが明らかになっている。

それは「蜘蛛をゾンビ化して自分の奴隷にしてしまう」能力…

「これまでにも蜘蛛の動きを操作する蜂の存在は確認されていましたが、今回発見された種ほど、複雑なものではありませんでした」

研究チームを率いたフィリップ・フェルナンデス博士によれば、新種の蜂は、同じアマゾンに生息する蜘蛛の体内に卵を産み付けると同時に、ある種のホルモンを注入する。

天敵をゾンビ奴隷化する新種の蜂
Photo|TheSun
 

このホルモンを注入された蜘蛛は、まるで自我を失ったゾンビのように、自分の暮らしていた巣を放棄

これから産まれてくる蜂の幼虫達のために、糸を出して繭を作り始めるのだ。

その間、蜘蛛の体内では、卵から蜂の幼虫が生まれて、蜘蛛の体液や組織を食べながら成長。

繭が完成した頃には、幼虫に体内を食い荒らされた蜘蛛は絶命し、幼虫たちは繭の中で生活を始めると言う。

まだ新種の蜂の生態には不明な点も多いが、もし、このような生物が人類に牙を向いたとしたら…

万が一に備えて、もう一度「ウォーキング・デッド」を見返しておいた方が身のためかもしれない。

ゾンビ関連記事:プロが伝授するゾンビ映画を盛り上げる効果音の作り方

昆虫関連記事:スターウォーズ登場キャラを昆虫化した違和感ゼロの衝撃アート集

 

Source

世界仰天ニュースカテゴリの最新記事