占い師は全員嘘つき!自分の死は見えなかったスピリチュアル殺人事件まとめ

年末年始にテレビを見ていると、高確率で自称占い師が登場して、出演者達の向こう1年の運勢を占っていますが…

本当に未来を見通す力を持っているんでしょうか?

他人の未来にはアレコレ助言が出来ても、自分の死が何時訪れるのか見えていなかった占い師も少なくないんです…

頭を切り落とされた占い師

自分の死が見えなかった占い師たち

1994年11月17日…

アメリカのメリーランド州ボルチモアで、62歳の女性占い師デボラ・スティーブンスが自宅から遺体で発見された。

たまたま訪ねてきた息子が、首を切断され、胴体から離れた場所に頭部が転がっている変わり果てた母を発見したのだ…

地元では占い師として有名だったデボラは、タロットカードを使って相談者の未来を占い、助言を与えていた。

また、由緒あるジプシーの家系で、周囲への影響力も大きかったと言う。

デボラに強い恨みを持つ者の、計画的な犯行だったのか?

捜査を開始した警察は、周辺住民の目撃情報から、遺体発見の数時間前にデボラと言い争っていたダグラス・トーマス・クラーク28歳を殺人容疑で逮捕した。

ダグラスはデボラに占ってもらうためにやって来て、そこで言い争いからトラブルに発展した。

逮捕直前、ダグラスは電車に飛び込んで自殺を試みたり、警察車両に自ら轢かれようとするなど奇行を繰り返したが、取り調べで「自分がデボラを殺害した」と自供。

第一級殺人の罪で裁判にかけられたが、精神に異常をきたしていたダグラスは刑事責任に問われることはなく、精神病院へ送られ事件は幕をおろした。

ただ…

デボラが殺害されたアパートは現在でも廃墟同然の有様で残されていて、地元では有名な心霊スポットになっている。

占いビジネスの闇

自分の死が見えなかった占い師たち

2013年11月5日…

イタリアのシチリアで殺人事件が発生した。

通報したのは犯人自身。

犯人が指示した民家へ警察が駆けつけると、59歳のアンジェラ・ザッパラが刃物で喉を切り裂かれた上に、心臓を突き刺され絶命していた。

アンジェラは占い師、ヒーラーとしての顔を持ち、顧客からの以来でタロットカードを使い未来を予言したり、ヒーリングで体の不調を治していた。

そして、警察に通報してきた事件の犯人でもある、息子のピーターと激しく口論しているのを、近隣住民たちが何度も耳にしていた。

親子は、アンジェラの占いビジネスの方針を巡って揉めていたのだ。

警察が駆けつけた時、母を殺害したピーターはキッチンでタバコを吸いながら罪を告白。その手には、母親殺害に使用されたナイフが、まだ握られていた。

そして、警察がピーターを拘束しようとした直前、彼は持っていたナイフで何度も自分の腹を刺して自殺。

すぐに病院へ搬送されたがピーターは絶命した。

占い師の刺殺体とキャンドル

自分の死が見えなかった占い師たち

2004年5月…

イスラエルの精神病院内のキッチンで、ナタリア・ビニャシビリが遺体で発見された。

63歳のナタリアは人気の占い師だったが、最後には何者かに刺殺され、この世を去った。

警察の捜査で容疑者として浮上したのは、ナタリアのハトコにあたる42歳のミハイル・ネシモフ。

ミハイルには、いくつもの前科があり、ドラッグを常用していたうえ、日頃からナタリアに寄生して金をむしり取っていた。

現場から採取された犯人の血痕とミハイルのDNAが一致したことで警察は逮捕に踏み切り、殺人罪で起訴。

ナタリアがミハイルの要求を断ったため、殺人事件に発展してしまったのだが、一つだけ不思議なことがある。

警察が現場の精神病院に駆けつけた時、ナタリアの遺体の直ぐ側でキャンドルに火が灯っていたこと。

それは自分の死を予見したナタリアが自分で火をつけたのか…詳しくはわかっていない。

ゴミ溜めからセレブ占い師

2002年…

ゴミだらけの側溝から、ジャマイカでは有名な占い師で28歳のサファ・アサントラが遺体で発見された。

遺体は全身がアザだらけで腰には電気コードが巻かれ、額と左脇の刺し傷が致命傷となっていた。

アサントラはテレビで冠番組を持ち、ニュースメディアでコラムを執筆するなど、多くの支持者を集めていた。

警察が容疑者として目をつけたのは、遺体発見の前日にアサントラと一緒にいる場面が目撃されていたクリストファー・ディクソン。

警察は、目撃情報と遺体発見までの約9時間の間に、ディクソンがアサントラを殺害したと結論付け逮捕。

裁判の結果、ディクソンは殺人罪で有罪判決を受け、終身刑を宣告された。

ナチスの預言者

1933年4月7日…

ドイツのベルリン南部の路地で、男性の遺体が発見された。

被害者の男性は、2週間前に失踪したエリック・ジャン・ハヌセン。

今となっては確かめようもないが、エリックは透視能力を持つ超能力者として知られた存在で、占い関連の著書も出版していた。

このエリックの能力はナチスの権力者にも高く買われ、あのアドルフ・ヒトラーの手相を占ったこともあったそうだ。

しかし不運なことに、エリックの隠していた秘密が、ナチスにバレてしまった。

それは、エリックがユダヤ人の家系だったこと。

ナチスに秘密がバレたことを知ったエリックは、自ら姿を消したのだが、遺体となって発見された。

恋愛相談殺人事件

自分の死が見えなかった占い師たち

アメリカのカリフォルニア州オレンジカウンティの裁判官は、殺人罪で45歳のターニャ・ネルソンに死刑判決を下した。

ターニャが命を奪ったのは、ベトナム系アメリカ人の間で人気のあった占い師ジェイド・スミス53歳とその娘アニタ23歳。

被告ターニャは「離婚した夫と復縁したい」とジェイドに依頼。

しかし、ジェイドは「元夫を解放してあげなさい」と、ターニャの意に反する助言を与えた。

この対応に殺意を抱いたターニャは、2005年にジェイド・スミスと娘を刃物で殺害したのだ。

親子の遺体には全身に無数の刺し傷が残っていた…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS