マライア・キャリーだけじゃない…「双極性障害」に苦しむ有名人セレブ10人まとめ

マライア・キャリーだけじゃない…「双極性障害」に苦しむ有名人セレブ10人まとめ

世界の歌姫マライア・キャリーが「双極性障害」を告白して大きな話題となっています。

「私は世間に失望されるのが怖かったの。鬱状態になるとエネルギーが切れたようになるのよ。孤独で悲しくて、自分は何も成し遂げていないって罪悪感を感じるの」

双極性障害は、かつて「躁鬱病」と呼ばれていて、躁状態と鬱状態を繰り返す精神疾患。

症状には個人差があり、アップダウンの波が大きいほど、自殺、自傷リスクの危険性が高まる。

マライア・キャリー以外にも、双極性障害に悩まされた著名人、セレブリティは多い…

キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

映画「シカゴ」「マスク・オブ・ゾロ」などへ出演し、「最も美しい人物」に選出されたこともある女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、2011年に双極性障害を治療するために入院した過去を告白している。

「私が双極性障害を告白することで誰かの助けになるのなら、価値のあることです。誰にも相談せず苦しむ必要はありません。助けを求めることは恥ずかしくないのです」

メル・ギブソン

映画「マッド・マックス」「リーサル・ウェポン」「アポカリプト」などに出演した名優メル・ギブソンは、ロシア人歌手オクサナ・グリゴリエヴァと婚約期間中にドメスティックバイオレンスが発覚。

メル・ギブソンはオクサナ・グリゴリエヴァに対して叫び声を上げ、怒鳴り散らし、死の脅威を与えたとして警察も捜査。

この時、医師の診断を受け重度の双極性障害だと診断されている。

キャリー・フィッシャー

映画「スターウォーズ」のレイア姫を演じたことで知られる女優キャリー・フィッシャーは24歳の時に双極性障害と診断された。

抗うつ剤を常用し、酒とドラッグでリハビリを繰り返し、インタビューの際には、双極性障害の研究を活発化させるよう訴えていた。

しかし、2016年12月23日に心臓発作でにより死去。遺体からは大量のアルコールとドラッグが検出された。

ラッセル・ブランド

イギリス出身のコメディアンで、ハリウッド映画にも出演するラッセル・ブランドは、双極性障害、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断されている。

母子家庭で寂しい少年時代を過ごしたラッセル・ブランドは、やがてドラッグやアルコールに依存して何度も人生を踏み外しかけ、2010年には歌手ケイティ・ペリーと結婚するも2年で破綻している。

自伝の中では、双極性障害や薬物乱用のつらい過去を振り返っている。

カート・コバーン

オルタナティブロックバンドNIRVANAで、グランジブームを巻き起こし時の人となったボーカルのカート・コバーンは、幼少期にADHD注意欠陥・多動性障害と診断され、成長すると双極性障害の症状が顕著になるが、彼は治療を望まなかった。

しかし、カートの鬱症状は悪化していき、1994年にショットガンで頭部を打ち抜き、27歳の若さで死亡した。

自殺する直前のカート・コバーンの様子は、2005年に公開されたガス・ヴァン・サント監督の映画「ラスト・デイズ」でも描かれている。

海外の怖い話まとめカテゴリの最新記事