山の不気味な体験談まとめ…怖すぎる未解決事件や怪奇現象

山で起きた怖い未解決事件

人里離れた山奥で事件や事故に巻き込まれて命を落とした人や、トラウマに残るような不可解な体験をした人も少なくない。

ここでは、実際に海外の山で発生した未解決の事件、説明のつかない怖い話をまとめて紹介しよう…

「首無し男の谷」

山の怖い話 首なし男の谷

カナダ北西部のマッケンジー山脈には「首無し男の谷」と呼ばれる物騒なスポットが存在している。

かつて、首無し男の谷の周辺は「怪物が住み着き、邪悪な霊が彷徨う場所である」と言い伝えられていて、カナダの先住民族達から忌み嫌われていた。

しかし、最も恐れられていたのは、この山間の地域を根城にしていたナハニ族だ。

ナハニ族の戦士たちは仮面と鎧で武装し、不用意に近づいてきた余所者に容赦なく襲いかかることで知られていた。

しかし19世紀の頃になると、ナハニ族は忽然と姿を消した。

凶暴な一族は滅んでしまったかのように思われていたが、周辺地域では20世紀に入ってからも、不審な事件が相次いだ。

1908年、この地域で金の採掘を行っていたマクラウド兄弟が失踪。しばらくして、兄弟の首から上のない遺体が発見された。

1917年、鉱山で働いていたマーティン・ジョージェンソンの山小屋が全焼。焼け跡から発見されたマーティンの焼死体には頭部がなかった。

いつしか周辺地域は「首無し男の谷」と呼ばれるようになり、1969年までに44人が原因不明の失踪、または首から上のない遺体で発見された。

また、周辺地域では「森の中を歩く巨大な類人猿を見た」「奇妙な光を見た」など不可解な目撃情報も少なくない。

ただ、現在まで「首なし男の谷」周辺の詳細な調査は行われていないので、多くの事件の真相は謎のまま。

もしかすると、今でも「首なし男の谷」にはナハニ族の末裔が…

「禁じられた山」

山の怖い話 禁じられた山

モンゴルの北東部に位置するヘンティー山脈は、800年ほど前から、旅行者や観光客はもちろん、地元の人でも立ち入りが禁止されている。

それが何故なのか正確な理由は明かされていないが、最も有力な説がこちら。

「この山脈の何処かに13世紀の支配者チンギス・ハーンの墓があるから」

伝説によれば、チンギス・ハーンの墓はヘンティー山脈の山深くに建設され、その場所が広まらないよう墓の建設に携わった者たちを全て処刑したと言われている。

また、墓の存在を隠すために、チンギス・ハーンの遺体を埋めた後に木々を植林して、徹底的にカモフラージュしたとか。

現在、ダーハドと呼ばれるエリート一族が周辺地域を監督していて、この先も一般に公開されることはないだろう…

次のページへ >

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 海外B級ニュース