【実話】200年前の奇妙な裁判「幽霊殺人事件」と白いゴーストの目撃情報

これは、今から200年以上も前に本当にイギリスで起こった奇妙な事件と裁判の話…

殺人の罪で裁判にかけられた被告人は「自分がショットガンで撃ったのは幽霊だ」と無罪を主張した…

相次ぐ幽霊目撃情報と殺人事件

本当にあった幽霊殺人裁判

1804年のイギリスで、奇妙な目撃情報が相次いだ。

ロンドン西部のハマースミス地区周辺で、多くの人が全身真っ白の幽霊を目撃し、中には「体を掴まれた」「殴られた」と物理的な被害も報告された。

「自殺して天国に行けなかった人の幽霊らしい…」

そんな噂が囁かれる最中、地元住民のフランシス・スミスは、一連の幽霊騒動を終わらせようと立ち上がった。

ショットガンで幽霊を撃ち殺そうと夜回り活動を始めたのだ。

幽霊を撃ち殺すと言うのも奇妙な話だが、ある日、すっかり日の暮れた頃に見回りをしていたフランシスは、全身が真っ白の幽霊に遭遇した。

この瞬間を待ちわびていたフランシスは、離れた場所から幽霊に向けてショットガンを発射。

複数の弾丸は見事に命中し、その場に幽霊は倒れた。

しかし、幽霊に駆け寄ったフランシスは愕然とした…

そこに倒れていたのは、上下真っ白の服を着た、近所のレンガ職人トーマス・ミルウッドだったのだ。

その後、幽霊と勘違いされたトーマスは死亡。

幽霊と勘違いしたとは言え、無実の男を殺めたフランシス・スミスは殺人罪で逮捕され法のもとで裁かれることとなった…

次のページへ >

カテゴリー

  • この記事を書いた人

海外B級ニュース

また来てくれるよね…?待ってるから!!

総アクセス数BEST3

閲覧注意の海外の怖い話 1

海外で語られている洒落にならないほど最強レベルに怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた短編ホラーストーリー全40 ...

閲覧注意海外未解決事件 2

法律を破った者には裁きが下って然るべきだが、全ての事件が解決されるわけではない。 警察の必死の捜査にも関わらず、未解決の ...

本当に怖い都市伝説 3

日本で言う「口裂け女」や「杉沢村」のように、海外で語り継がれている真偽不明の怖い都市伝説をご紹介します。 一部、凄惨なエ ...

© 2021 BQ NEWS